アニメとおどるとは――このブログについて

 

アニメ視聴とは、例えるなら作品とペアになってダンスを踊るようなものです。
視聴するアニメがどんな風に踊りたがっているのか、そのためにどういう足運びをしているのか?
ダンサー1人1人が違うように作品の個性も様々であり、私達がそれを探りまた合わせなければ、足をぶつけて踊りはつまらないものになってしまいます。
しかし逆に言えば、私達がダンスパートナーとしての力を――作品を読み解く力を磨けば、一見強引に見えるものと軽やかに踊れることもあるでしょう。それは良し悪し好き嫌いを語る上でも大きな力になります。
 
このブログではアニメレビューを通し、作品とより素敵なダンスを踊ることを目指していきます。
 
*2024春より(アニメ)映画はnoteで書くことにしました。
 
<参考>
 

主役の座は誰のもの――「ブルーアーカイブ The Animation」11話レビュー&感想

(C)NEXON Games / アビドス商店街

名乗りを上げる「ブルーアーカイブ The Animation」。11話ではこれまで存在感の薄かった先生が奮闘する。その時、本作の主役の座はどこにあるのだろうか?

 

 

続きを読む

別の道を行く理由――「響け!ユーフォニアム3」11話レビュー&感想

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会2024

選択の「響け!ユーフォニアム3」。11話では久美子が小さな一歩を踏み出す。彼女が選んだ選択とは、進路を選ぶだけの選択ではない。

 

 

続きを読む

ダンジョンを食べる――「ダンジョン飯」24話レビュー&感想

©九井諒子KADOKAWA刊/「ダンジョン飯」製作委員会

食べ尽くす「ダンジョン飯」。24話でライオス達が食べるのはダンプリングの残りだけではない。ダンジョン飯は、食うか食われるかの対象を広げていく。

 

 

続きを読む

守るべき場所――「ブルーアーカイブ The Animation」10話レビュー&感想

(C)NEXON Games / アビドス商店街

守護すべきを探す「ブルーアーカイブ The Animation」。10話では場所を巡ってシロコ達が戦う。ホシノのいう「唯一意味のある場所」とはどんな場所だろう?

 

 

続きを読む

墜ちて始まるアルペジオ――「響け!ユーフォニアム3」10話レビュー&感想

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会2024

墜落の「響け!ユーフォニアム3」。10話では「響く」という言葉が印象的に使われる。音を鳴らすのではなく響かせるために必要だったものは、いったいなんだろう?

 

 

続きを読む

【ネタバレ】軋む歯車――「コードギアス 奪還のロゼ」第2幕レビュー&感想

(C)SUNRISE/PROJECT G-ROZE Character Design (C)2006-2024 CLAMP・ST

2人が織り成す「コードギアス 奪還のロゼ」。第2幕では順調な戦いにわずかな影が射す。それは噛み合っているはずの歯車の軋みである。

 

 

続きを読む