アニメとおどるとは――このブログについて

 

アニメ視聴とは、例えるなら作品とペアになってダンスを踊るようなものです。
視聴するアニメがどんな風に踊りたがっているのか、そのためにどういう足運びをしているのか?
ダンサー1人1人が違うように作品の個性も様々であり、私達がそれを探りまた合わせなければ、足をぶつけて踊りはつまらないものになってしまいます。
しかし逆に言えば、私達がダンスパートナーとしての力を――作品を読み解く力を磨けば、一見強引に見えるものと軽やかに踊れることもあるでしょう。それは良し悪し好き嫌いを語る上でも大きな力になります。
 
このブログではアニメレビューを通し、作品とより素敵なダンスを踊ることを目指していきます。
 
<参考>
 

心は那辺にありや――「プラネテス」25話レビュー&感想

己と宇宙を知る「プラネテス」。25話ではついにフォン・ブラウン号の乗組員が発表されるが、ハチマキは心ここにあらずといった調子でぼうっとしている。ここにあらずというなら、ハチマキの心はどこにあるのだろう?
 
 

無明の導き――「まちカドまぞく 2丁目」2期12話レビュー&感想

©伊藤いづも・芳文社/まちカドまぞく 2丁目製作委員会
暗中模索の「まちカドまぞく 2丁目」。2期最終回12話ではミカンの呪いを巡る騒動のてん末が描かれる。あーだこーだなんだかんだの解決から見えるのは、ある種の運命の存在である。
 
 

激闘は既に1ホール目――「BIRDIE WING -Golf Girls' Story-」13話レビュー&感想

©BNP/BIRDIE WING Golf Club
終わらない「バーディーウィング」。13話はシーズン1の最終回だが、知らなければそうは思えない内容だ。これは本当に最終回なのだろうか?
 
 

新世界境界線――「境界戦機」25話レビュー&感想

©2021 SUNRISE BEYOND INC.
別れと旅立ちの「境界戦機」。最終回25話では激闘の決着とアモウの旅立ちが描かれる。人は境界線なしで生きていくことはできない。
 
 

堕天の船――「プラネテス」24話レビュー&感想

天から堕ちる「プラネテス」。24話ではフォン・ブラウン号乗っ取り事件の決着と続く窮地が描かれる。堕ちようとするのは木星往還船だけではない。
 
 

世界は虹色の鏡――「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」2期13話レビュー&感想

終わりと始まりの「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」。2期13話では同好会の1stライブが開催される。物語が最後に示すのは、世界に秘められた虹のような可能性だ。