は行

主役の座は誰のもの――「ブルーアーカイブ The Animation」11話レビュー&感想

名乗りを上げる「ブルーアーカイブ The Animation」。11話ではこれまで存在感の薄かった先生が奮闘する。その時、本作の主役の座はどこにあるのだろうか?

別の道を行く理由――「響け!ユーフォニアム3」11話レビュー&感想

選択の「響け!ユーフォニアム3」。11話では久美子が小さな一歩を踏み出す。彼女の進路にとって重要なのは「どこに行くか」だけではない。

墜ちて始まるアルペジオ――「響け!ユーフォニアム3」10話レビュー&感想

墜落の「響け!ユーフォニアム3」。10話では「響く」という言葉が印象的に使われる。音を鳴らすのではなく響かせるために必要だったものは、いったいなんだろう?

オッドアイの景色――ダッシュ「ブルーアーカイブ The Animation」9話レビュー&感想

赤と青の「ブルーアーカイブ The Animation」。9話ではアビドスの絶望的な状況が明かされる。過去を知るホシノが見ている景色は、左右で色の異なるそのオッドアイに等しい。

心音のチューニング――「響け!ユーフォニアム3」9話レビュー&感想

波乱の「響け!ユーフォニアム3」。9話ではオーディション結果に吹奏楽部が軋みをあげる。だが、副題が示す「チューニング」の対象は吹奏楽部なのだろうか?

近くて遠い水族館――「ブルーアーカイブ The Animation」8話レビュー&感想

なぜ水族館なのだろう? それはどんな場所なのだろう?

久美子・イン・エンドレスエイト――「響け!ユーフォニアム3」8話レビュー&感想

抜け出せない「響け!ユーフォニアム3」。8話は合宿と2度目のオーディションがドラマを生む。オスティナート=執拗な繰り返しが見せるのは、久美子が陥った「エンドレスエイト」である。

覆水は天下の回りもの――「ブルーアーカイブ The Animation」7話レビュー&感想

帰らずの「ブルーアーカイブ The Animation」。7話ではアビドスの穏やかな日々が描かれるが、そこには終わりの予感も付きまとう。覆水は盆に返らず、しかし……

黒江真由には影がない――「響け!ユーフォニアム3」7話レビュー&感想

カメラが写す「響け!ユーフォニアム3」。7話では少しずつ黒江真由の人となりが見えてくる。その転校生には、姿形はあっても影がない。

重なる領土――「ブルーアーカイブ The Animation」6話レビュー&感想

侵犯の「ブルーアーカイブ The Animation」。6話では3つの勢力が激突する。人が譲れないのは「領土」である。

不協和音はどこで鳴る――「響け!ユーフォニアム3」6話レビュー&感想

奏でる「響け!ユーフォニアム3」。6話では副題通りディゾナンス=不協和音が鳴り響く。だが、それは吹奏楽部の中で鳴っているのではない。

壊れる敵味方――「ブルーアーカイブ The Animation」5話レビュー&感想

図式崩れる「ブルーアーカイブ The Animation」。5話ではシロコ達の返済している借金の行方が世界を揺るがせる。敵味方は壊れるものである。

祝祭の薄明かり――「響け!ユーフォニアム3」5話レビュー&感想

薄明かり覗く「響け!ユーフォニアム3」。5話、久美子達はあがた祭りの時期を迎える。祭りが見せるもの、それはある種の合奏である。

無法と天道――「ブルーアーカイブ The Animation」4話レビュー&感想

自由なる「ブルーアーカイブ The Animation」。4話ではブラックマーケットでシロコ達が大暴れ。今回は真のアウトローとは何かを問うお話だ。

らしさのエチュード――「響け!ユーフォニアム3」4話レビュー&感想

問い直しの「響け!ユーフォニアム3」。4話の副題、エチュードとは練習曲を指す。この4話、久美子達はいったい何を練習したのだろう?

便利屋の仕事は完璧――「ブルーアーカイブ The Animation」3話レビュー&感想

愉快な仲間の「ブルーアーカイブ The Animation」。3話は便利屋68を名乗る4人の――そう、完璧な仕事ぶりが光る回である。

プレリュードを奏でるのは誰――「響け!ユーフォニアム3」3話レビュー&感想

瑞々しき「響け!ユーフォニアム3」。3話の副題は「みずいろプレリュード」、すなわち前奏曲。それを奏でているのはいったい誰だろう?

ツンデレとは借金と見つけたり――「ブルーアーカイブ The Animation」2話レビュー&感想

信頼を築く「ブルーアーカイブ The Animation」。2話は1年生のセリカが中心となる。「ツンデレ」な彼女の気質は、借金に似ている。

春夏秋冬のシンコペーション――「響け!ユーフォニアム3」2話レビュー&感想

選択の「響け!ユーフォニアム3」。2話では久美子達がコンクールで演奏する自由曲を決める。だが、彼女達が決めたのはただの曲目ではない。

学校に必要なもの――「ブルーアーカイブ The Animation」1話レビュー&感想

大人気ゲーム待望のTVアニメ化となった「ブルーアーカイブ The Animation」。1話は廃校の危機が描かれる。が、必要なのは物資の補充ではない。

始まらない1話――「響け!ユーフォニアム3」1話レビュー&感想

昨年の映画を経て遂に地上波へ帰ってきたアニメ「響け!ユーフォニアム」。待望の3期だが、敢えて言おう。この1話ではまだ3期は始まっていない。

始まりと終わりの距離――「星屑テレパス」12話レビュー&感想

彼方照らすアニメ「星屑テレパス」。最終回12話では海果とユウが誓いを繰り返す。その約束に必要なものは、一番遠くて一番近いところにある。

見えないロケット――「星屑テレパス」11話レビュー&感想

何度でも飛ぶ「星屑テレパス」、11話の副題は「再戦シーサイド」。だが、再戦するのは海果と瞬の二人ではない。

"もう一人"になる時――「星屑テレパス」10話レビュー&感想

変化を願う「星屑テレパス」。10話では遥乃の内面にスポットが当たる。彼女が踏み出す時、そこには鏡のような”もう一人”が生まれる。

おそろいの星灯り――「星屑テレパス」9話レビュー&感想

キラキラ照らし合う「星屑テレパス」。9話では海果がもう一つの星を見る。星は空にばかりあるとは限らない。

勝負の場所――「星屑テレパス」8話レビュー&感想

競う場所を知る「星屑テレパス」。8話ではモデルロケット選手権が間近に迫る。しかし、勝負の場所は選手権だけではない。

灯りへの近づき方――「星屑テレパス」7話レビュー&感想

目標への「星屑テレパス」。7話では彗に憧れる海果のリーダーへの道のりが描かれる。憧れに、灯りに近づくにはどうしたらいいのだろう?

新しさとの距離――「星屑テレパス」6話レビュー&感想

新星の「星屑テレパス」。6話では海果達に新たな目標ができる。新しさは遠くにあるとは限らない。

居場所の意味――「星屑テレパス」5話レビュー&感想

次のステージを目指す「星屑テレパス」。5話では海果の途方もない夢が僅かずつ形になり始める。居場所の意味は一つではない。

友情は灯台の下――「星屑テレパス」4話レビュー&感想

足元に目を向ける「星屑テレパス」。4話では海果達と瞬のロケットが対決する。だが、彼女達の対決はいわば灯台に過ぎない。