は行-プラネテス

逃れられない"私"――「プラネテス」18話レビュー&感想

タガの外れる「プラネテス」。18話ではハチマキ達に恨みを抱く新事業部長によってデブリ課の解散が命じられる。今回彼らが問われるのは、安住できない場所での自分らしさの所在だ。

正直者こそ嘘をつく――「プラネテス」17話レビュー&感想

内なる魔を見る「プラネテス」。17話は知り合いが来ていないか尋ねられたギガルトが嘘をつく所から始まる。今回は正直者が嘘つきだと暴くお話だ。

宇宙の中の自分、無限の中の有限――「プラネテス」16話レビュー&感想

彷徨いの「プラネテス」。16話は事故で宇宙を漂うこととなったハチマキが「俺を見つけてくれ」と叫ぶところから始まる。これは彼が自分を見つけるまでのお話だ。

転がり続ける答え――「プラネテス」15話レビュー&感想

垣根をまた一つ越える「プラネテス」。15話ではデブリ課のエーデルの事情が語られる。劇中随一のしっかり者である彼女から見えてくるのは、境界線の複雑さだ。

地続きのキス――「プラネテス」14話レビュー&感想

思い繋がる「プラネテス」。14話、新造宇宙船にはしゃぐハチマキは子供のよう。いや、そこに明確な線引などあるのだろうか?

境目を越える方法――「プラネテス」13話レビュー&感想

溶け合い彼方へ向かう「プラネテス」。13話ではタナベと共にハチマキの実家にやってきたユーリと、ハチマキの弟との交流が描かれる。境目を越える方法とは、強い力でそれにぶつかることとは限らない。

バカげたことほど愛おしい――「プラネテス」12話レビュー&感想

陽はまた昇る「プラネテス」。12話では人類の命運のかかった事件がコミカルに解決される。今回はバカバカしさへの愛のお話だ。

もう一つの境界線――「プラネテス」11話レビュー&感想

遠近で眺める「プラネテス」。11話ではエルタニカという架空の国から来た男を通じて違った世界が描かれる。今回の話が描く"境界線"とは、けして国境線だけを指すものではない。

不思議のコンパス、彼方と繋がる手――「プラネテス」10話レビュー&感想

距離を測る「プラネテス」。10話ではユーリの過去が明かされる。今回は彼を通して遥かな彼方と手を繋ぐお話だ。

彼女が天使な理由――「プラネテス」9話レビュー&感想

立ち位置が変わる「プラネテス」。9話ではハチマキの師とも言える人物の登場が物語を動かす。今回は彼と彼がつけるあだ名について考えてみたい。

双方向への道筋――「プラネテス」8話レビュー&感想

宇宙に戻る「プラネテス」。8話では再び仕事の日々が始まる。今回は物語の新たなステージを予感させるお話だ。

離れがたきは愛――「プラネテス」7話レビュー&感想

鎖の意味を問う「プラネテス」。7話ではノノという不思議な少女が登場する。今回は彼女を通して、人が離れられないものに迫るお話だ。

1/6の意味――「プラネテス」6話レビュー&感想

狭間にもがく「プラネテス」。6話冒頭、タナベは月の重力を楽しむ。今回は、地球とも宇宙とも違う1/6の重力から物語を読んでみたい。

輝きの欠片は月に――「プラネテス」5話レビュー&感想

月と地を繋ぐ「プラネテス」。5話ではルナフェリーでの騒動が描かれる。この船の目的地はもちろん月であるわけだが、そこにはどんな意味が込められているのだろう?

デブリなき評価――「プラネテス」4話レビュー&感想

真価を査定する「プラネテス」。4話ではテクノーラ社のドルフ事業部長がデブリ回収の報酬と費用の難しさを語る。今回は「評価」を巡るお話だ。

50年越しの遺言状――「プラネテス」3話レビュー&感想

ロングスパンで一周する「プラネテス」。3話では保険と遺言状を巡る賑やかなドタバタ、そして50年前の宇宙葬を巡る騒動が描かれる。前後半で大きく雰囲気の変わる今回はしかし、死の先へのメッセージである点で一貫している。

逃げも負けも許されない理由――「プラネテス」2話レビュー&感想

空回りか前進か。「プラネテス」2話ではハチマキの夢と苦悩、そして事件が訪れる。シャトルとデブリのあわやの衝突の危機は、彼の迎えた心の危機と同じものだ。

デブリコンビは凸凹コンビ――「プラネテス」1話レビュー&感想

輝きが惑う「プラネテス」。1話では宇宙ステーションにやってきた新人・タナベと配属先の先輩・ハチマキのやりとりが中心に描かれる。二人の関係はいったい、どのようなものなのだろうか?