さ行-白い砂のアクアトープ

明日は終わりの先――「白い砂のアクアトープ」12話レビュー&感想

折返しを迎える「白い砂のアクアトープ」。12話ではがまがま水族館が閉館となるが、終わりを迎えるのはそれだけではない。いくつもの終わりが示すものは、いったい何だろう?

心の台風――「白い砂のアクアトープ」11話レビュー&感想

嵐来たれり「白い砂のアクアトープ」。11話では閉館にがまがま水族館に立てこもったくくるが台風に立ち向かう様が描かれる。この台風は抗い難い現実運命と見るのが妥当に思えるが――本当にそれだけだろうか?

幻はもうひとつ――「白い砂のアクアトープ」10話レビュー&感想

藁にもすがる思いの「白い砂のアクアトープ」。10話ではいよいよ逃れ難い終わりに焦るくくると彼女を助けたい櫂の姿が描かれる。鍵となるのは風花もかつて見たがまがま水族館の幻だが、今回それはくくるを救ってはくれない。彼女の前に現れるのはそれとは違…

ごっこ遊びの価値――「白い砂のアクアトープ」9話レビュー&感想

波乱巻き起こる「白い砂のアクアトープ」。9話ではオープン予定の水族館から研修にやってきた南風原知夢(はえばるちゆ)とくくるが衝突する。二人の諍いの真ん中には、一体何があるのだろう?

途切れぬ先の未来――「白い砂のアクアトープ」8話レビュー&感想

所と人を繋ぐ「白い砂のアクアトープ」。海辺の出来事を描いた前回に続き、くくる達がクリニックを訪れる今回は水族館から少し離れている。だがそれが移動水族館のためであるように、関係とはそんな簡単には切れないものだ。

水族館の先の世界――「白い砂のアクアトープ」7話レビュー&感想

あふれ始める「白い砂のアクアトープ」。7話ではオフの日が描かれ、海を訪れた風花は水族館と同じ魚にも新鮮さを感じる。海で見る新たな一面――それは果たして、魚達だけに言えるものだろうか?

甘い狂詩曲はいずこ――「白い砂のアクアトープ」6話レビュー&感想

「白い砂のアクアトープ」。6話はうどんちゃんこと照屋月美の活躍回。副題にある「スイーツラプソディ」、狂詩曲的な要素はどこから来るものだろうか?

仕事の果たし方――「白い砂のアクアトープ」5話レビュー&感想

心の癒やし方を探る「白い砂のアクアトープ」。風花を連れ戻しに母である絵里が来訪する5話では「仕事」という言葉が幾度か現れる。今回は母娘の話……というよりも、仕事のやり方や意味の多様を教えてくれるお話だ。

あなたに触れて、わたしを知る――「白い砂のアクアトープ」4話レビュー&感想

別世界へ手をのばす「白い砂のアクアトープ」。4話では、人手不足で中断されていたタッチプールが再開される。海の生き物に触れられるタッチプールは子供達に大人気――だが今回「触れられて」いるのは海の生き物ばかりではない。

ひとときの子宮――「白い砂のアクアトープ」3話レビュー&感想

辛さや苦しみを包み込む「白い砂のアクアトープ」。3話は幼いくくるががまがま水族館を訪れた時の回想から始まります。産休中の獣医・竹下先生の描写と合わせて、今回はがまがま水族館がどんな場所なのかにまた一歩迫ってみましょう。

ひっこみとひっこみ――「白い砂のアクアトープ」2話レビュー&感想

2人の物語が幕を開ける「白い砂のアクアトープ」2話、水族館で働き始めた風花は大失敗をしでかしてしまう。しかし、それを取り戻すのは成長によってではない。

欠落の水族館――「白い砂のアクアトープ」1話レビュー&感想

P.A.WORKS新作、水族館を舞台としたひと夏の物語を描く「白い砂のアクアトープ」。1話、主軸となるくくると風花の心情は描かれるが口にはされない。今回はその欠落に着目してみたい。