さ行-ゾンビランドサガリベンジ

蘇る物語(サガ)――「ゾンビランドサガ リベンジ」6話レビュー&感想

反響が思わぬ未来を呼ぶ「ゾンビランドサガ リベンジ」。山田たえを主役とした6話は、とりとめのない一日と共に前期の面々の今を教えてくれる。そこにもまた"蘇り"がある。

殺し芸vs蘇生芸――「ゾンビランドサガ リベンジ」5話レビュー&感想

「ゾンビランドサガ リベンジ」5話はリリィと天才子役・大空ライトの対決回。今回はよく似ていると共に対照的な、二人の芸が混じり合う一瞬を描いたお話だ。

絶対≠唯一無二――「ゾンビランドサガ リベンジ」4話レビュー&感想

選択を生み出す「ゾンビランドサガ リベンジ」。ライブ後、純子は愛を「絶対に」渡さないと宣言する。前回アイアンフリルの詩織はこの世界に「絶対は無い」と言ったのを思い出そう。4話レビューは、その対比から見えるものを書きたい。

"唯一無二"の罠――「ゾンビランドサガ リベンジ」3話レビュー&感想

蘇りし別人の「ゾンビランドサガ リベンジ」。フランシュシュの愛と純子は生前、時代こそ違えど共に伝説を残している。3話はよく似た2人を軸にした"唯一無二"を巡る争いの幕開けだ。

アイドルの宿る場所――「ゾンビランドサガ リベンジ」2話レビュー&感想

再び蘇り始めた「ゾンビランドサガ リベンジ」。フランシュシュ2号・サキには人を引っ張る熱意がある。逆に言えば、1人ではその力は十分には発揮されない。腹筋も1人ではできない。2話はアイドルにこそ必要な「他人」を巡るお話だ。

1人では甦れない――「ゾンビランドサガリベンジ」1話レビュー&感想

およそ2年の時を経て帰ってきた「ゾンビランドサガリベンジ」。2期でも本作の中心には「蘇り」があり、しかしそのまま同じではない。再臨の1話は、蘇りに何が必要なのか私達に語りかけるお話だ。