ら行-ラブライブ!スーパースター!!

競い合いは結び合い――「ラブライブ!スーパースター!!」12話レビュー&感想

次へ向かって終わる「ラブライブ!スーパースター!!」。これまで本作は「結ぶ」を命題に進んできた。過去と現在、本物と偽物などなど……では、最終回となる12話が結んだものはいったいなんだろうか?

私と私を結ぶ時――「ラブライブ!スーパースター!!」11話レビュー&感想

過去と対峙する「ラブライブ!スーパースター!!」。11話ではかのんが幼い時の自分と向き合う幻想的な場面が描かれる。今回はこのシーンの意味を考えてみたい。

ケンカップルは韻を踏む――「ラブライブ!スーパースター!!」10話レビュー&感想

思いあらわに「ラブライブ!スーパースター!!」。10話ではラブライブ!地区予選が始まり、かのん達はラップをお題に出される。これは単に最後にラップを歌えばいいのではなく、10話全体に求められる課題だ。

歴史に刻む名は――「ラブライブ!スーパースター!!」9話レビュー&感想

いよいよ大舞台へ踏み出す「ラブライブ!スーパースター!!」。9話はラブライブへのエントリーのためかのん達がグループ名を決める様子が描かれる。なぜこの2つが「結び」つく展開になったのか? 今回はその必然性に踏み込んでみたい。

辻褄結びの五つ星――「ラブライブ!スーパースター!!」8話レビュー&感想

五つ星揃う「ラブライブ!スーパースター!!」。8話では副題にもあるように「結ぶ」という言葉が印象的に使われる。この言葉には、どんな力があるのだろうか?

秩序と辻褄――「ラブライブ!スーパースター!!」7話レビュー&感想

最後の星が輝き始める「ラブライブ!スーパースター!!」。7話では葉月恋と結ヶ丘の驚愕の事実が明かされる。これまでスクールアイドル活動に反対してきた彼女の秘密の開示は、その立ち位置をどのように変えたのだろうか?

時空を越えた夢――「ラブライブ!スーパースター!!」6話レビュー&感想

思い繋がる「ラブライブ!スーパースター!!」、かのんと千砂都が別々の場所に身を置く前回に続き、6話では回想によって時間もまた分かれる。今回はかのんと千砂都を隔てる「時間」と「空間(場所)」について書いてみたい。

情熱の場所――「ラブライブ!スーパースター!!」5話レビュー&感想

太陽きらめく「ラブライブ!スーパースター!!」。5話では可可の憧れのサニーパッションが本格登場する。南の島のスクールアイドルである彼女たちは、かのん達にどんな影響を与えているのだろう?

偽るほどに本物――「ラブライブ!スーパースター!!」4話レビュー&感想

星々集う「ラブライブ!スーパースター!!」。4話の中心となるのは平安名すみれ。かつて実際に芸能界にいた彼女の目線は、スクールアイドルに対する新たな視点を与えてくれる。すみれの加入は、スクールアイドル像に何をもたらしているのだろう?

「一人じゃないから」の意味――「ラブライブ!スーパースター!!」3話レビュー&感想

ステージに歌声響く「ラブライブ!スーパースター!!」。3話で再び歌えなくなったかのんは最終的に再起し、「一人じゃないから」歌えると言う。よく使われる台詞ではあるが、今回彼女の言う「一人じゃない」とはどういう意味なのだろう?

心を表す体であれ――「ラブライブ!スーパースター!!」2話レビュー&感想

少女達が駆け出す「ラブライブ!スーパースター!!」2話。スクールアイドル部を設立したいかのんは、フェス優勝という高いハードルを理事長から課せられてしまう。だが、そこで求められているのは単なる「優秀さ」なのだろうか?

忘我の歌――「ラブライブ!スーパースター!! 」1話レビュー&感想

新たな星が輝く「ラブライブ!スーパースター!!」1話、主人公の澁谷かのんは歌が大好きで同時に歌にトラウマを持っている。彼女にとって「歌う」とはどんな行為なのだろう?