か行

引導の時――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」9話レビュー&感想

踏ん切りの「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。9話ではスレッタ達地球寮とシャディク達グラスレー寮の決闘が描かれる。その戦いから見えてくるのは、諦めの悪い少年と少女の昔日との別れである。

学生の本分――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」8話レビュー&感想

アイデンティティを探す「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。8話では株式会社ガンダムの方向性を巡る悶着が描かれる。今回は学生の起業などが言われる現代らしい題材であり、そして学生の本分を問うお話だ。

自立の条件――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」7話レビュー&感想

孵化を迎える「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。7話ではスレッタとエアリアルに思わぬ危機が訪れ、ミオリネの覚悟が問われる。彼女の自立に必要だったものは、果たしてなんだろうか?

かけがえなさの誕生日――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」6話レビュー&感想

君が生まれる「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。6話ではスレッタとエランの決闘が繰り広げられる。エランの結末が示すものは、いったいなんだろう?

人と操り人形と――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」5話レビュー&感想

愛が憎しみを増す「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。5話では御三家のパイロットの一人、エラン・ケレスが動き出す。彼の秘密から見えてくるのは、人間と機械(操り人形)の境界線のあやふやさである。

特別さではできないこと――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」4話レビュー&感想

垣根を越える「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。4話冒頭、スレッタはグエルからのプロポーズを、彼の特別な人になることを断り逃げるように去る。今回は彼女が特別さから逃走するお話だ。

惚れたが負け――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」3話レビュー&感想

色ボケの「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。3話ではスレッタとグエルの再戦が行われる。その決着はMSでつくとは限らない。

二人目の魔女は銀色――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」2話レビュー&感想

対峙が未来を作る「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。2話ではミオリネが父デリングと言葉の決闘を行う。今回は彼女がもう一人の魔女になるための物語である。

情けは人の為ならず――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」1話レビュー&感想

水の星より来たる「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。1話では主人公のスレッタが「進む」ことの意義を語る。では、進むため必要なものはなんだろう?

逆流のG――「機動戦士ガンダム 水星の魔女 PROLOGUE」レビュー&感想

" data-en-clipboard="true"> © 創通・サンライズ・MBS " data-en-clipboard="true">ゼロへと至る「機動戦士ガンダム 水星の魔女 PROLOGUE」。本編の前日譚となるPROLOGUEでは、劇中世界における「ガンダム」の位置付けが語られる。今回はそこから本作の予想…

破片の物語――「Gのレコンギスタ V 死線を超えて」感想

「Gのレコンギスタ V 死線を超えて」を視聴。5部作の大長編の終わりを、この感想では「破片の物語」として読んでみたいと思います。

汗と涙で吐き出して――「Gのレコンギスタ IV 激闘に叫ぶ愛」感想

前作Ⅲから1年後、完結編となるⅤと連続での公開が始まった「Gのレコンギスタ IV 激闘に叫ぶ愛」。レビューというほどまとめるのはちょっと難しそうなので、メモ的に感想を書いておきたいと思います。

新世界境界線――「境界戦機」25話レビュー&感想

別れの「境界戦機」。最終回25話では激闘の決着とアモウの旅立ちが描かれる。人は境界線なしで生きていくことはできない。

暗闇に消える境界線――「境界戦機」24話レビュー&感想

終わりが迫る「境界戦機」。24話では新日本協力機構と北米同盟の決戦が描かれる。血みどろのこの大規模戦闘は、境界線が見失われる戦いだ。

再編を巡る戦い――「境界戦機」23話レビュー&感想

決戦へ向かう「境界戦機」。23話では新日本協力機構と北米同盟の開戦までが描かれる。これは世界を再編成する戦いだ。

同舟と異夢の境界――「境界戦機」22話レビュー&感想

敵味方入り乱れる「境界戦機」。22話、アモウとアレクセイの逃亡劇は意外な損害を受ける。異なる立場は、異なる心を意味しない。

"当たり前"を希求して――「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」レビュー&感想

TVシリーズにおける特異点でありながら、一方でカルト的な人気を誇る回のまさかの映画化となった「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」。43年の時を経て蘇ったこの話は、"当たり前"を問い直す物語だ。

明瞭かつ曖昧な境界線――「境界戦機」21話

五里霧中の「境界戦機」。21話でアモウは混沌の中に放り出される。混沌とはつまり、境界線のボヤける場所だ。

別なる面は境界線から覗く――「境界戦機」20話レビュー&感想

新たな一面を見せる「境界戦機」。20話では敵味方を始め多くの関係に変化が訪れる。新たな境界線とは、新たな一面を見せるものだ。

記念日は境界線――「境界戦機」19話レビュー&感想

白線を引き直す「境界戦機」。19話ではまさかのアモウ達vsガイ達という事態が発生する。これは箸休めであっても脇道ではない。

一歩を教える境界線――「境界戦機」18話レビュー&感想

分かたれ救われる「境界戦機」。18話では1期の自治区に似た保護区を舞台に物語が展開する。似て非なるものを分ける境界線を見つけた時、私達は自分の歩みを知ることができる。

選べない"その時"――「境界戦機」17話レビュー&感想

割り切れない「境界戦機」。17話ではアモウの抱える苦しみが明かされる。雌伏の時を余儀なくされる中、彼は反攻の時を待っていたが――"その時"を私達は選べない。

繋がりは隔絶の先――「境界戦機」16話レビュー&感想

" data-en-clipboard="true"> ©2021 SUNRISE BEYOND INC. " data-en-clipboard="true">離れ難き「境界戦機」。16話ではゴースト搭載機の初陣やアモウの秘密に迫る様子が描かれる。この2つの描写は分かれているが、離れてはいない。

成長は入れ替わりの先――「クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」レビュー&感想

無事春公開を迎えた映画「クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」。今回は忍者ものという舞台に野原家と屁祖隠(へそがくれ)家、2つの家族が現れる。両家の姿からは、特別と当たり前を問い直す本作の物語が見えてくる。

取り戻すべき心――「境界戦機」15話レビュー&感想

変貌の「境界戦機」。15話では様々な新事実が明かされる一方で謎が深まりもする。物語が次に取り戻すべきものは、いったいなんだろう?

ヒーローの条件――「境界戦機」14話レビュー&感想

再動の「境界戦機」。14話では8ヶ月の間の変化とガシン達の苦境が描かれる。13話で境界線上に消えたアモウは、いかにして今回ヒーローとして舞い戻ったのだろう?

境界線上に消ゆ――「境界戦機」13話レビュー&感想

彼方へ飛ぶ「境界戦機」。第一部の終りとなる13話では、ゴーストとの決戦と意外な別れが描かれる。戦いの中、アモウはどんな道を選んだのだろうか?

戦いの形、遊びの形――「吸血鬼すぐ死ぬ」12話レビュー&感想

馬鹿騒ぎの終わらない「吸血鬼すぐ死ぬ」。最終回となる12話では様々な戦いや遊びが描かれる。そしてこの戦いや遊びは、目に見えるものばかりとは限らない。

幽霊に常識は通じない――「境界戦機」12話レビュー&感想

決戦始まる「境界戦機」。12話では再び姿を現したゴーストにアモウ達が立ち向かう。今回は激戦に揺さぶられる境界線のお話だ。

見失えないオンリーワン――「吸血鬼すぐ死ぬ」11話レビュー&感想

遺物が蘇る「吸血鬼すぐ死ぬ」。11話ではかつての強敵の復活、そしてジョンとドラルクの出会いが描かれる。全くの無縁に思える二つの話を繋ぐものは何だろう?