か行

新世界境界線――「境界戦機」25話レビュー&感想

別れの「境界戦機」。最終回25話では激闘の決着とアモウの旅立ちが描かれる。人は境界線なしで生きていくことはできない。

暗闇に消える境界線――「境界戦機」24話レビュー&感想

終わりが迫る「境界戦機」。24話では新日本協力機構と北米同盟の決戦が描かれる。血みどろのこの大規模戦闘は、境界線が見失われる戦いだ。

再編を巡る戦い――「境界戦機」23話レビュー&感想

決戦へ向かう「境界戦機」。23話では新日本協力機構と北米同盟の開戦までが描かれる。これは世界を再編成する戦いだ。

同舟と異夢の境界――「境界戦機」22話レビュー&感想

敵味方入り乱れる「境界戦機」。22話、アモウとアレクセイの逃亡劇は意外な損害を受ける。異なる立場は、異なる心を意味しない。

"当たり前"を希求して――「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」レビュー&感想

TVシリーズにおける特異点でありながら、一方でカルト的な人気を誇る回のまさかの映画化となった「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」。43年の時を経て蘇ったこの話は、"当たり前"を問い直す物語だ。

明瞭かつ曖昧な境界線――「境界戦機」21話

五里霧中の「境界戦機」。21話でアモウは混沌の中に放り出される。混沌とはつまり、境界線のボヤける場所だ。

別なる面は境界線から覗く――「境界戦機」20話レビュー&感想

新たな一面を見せる「境界戦機」。20話では敵味方を始め多くの関係に変化が訪れる。新たな境界線とは、新たな一面を見せるものだ。

記念日は境界線――「境界戦機」19話レビュー&感想

白線を引き直す「境界戦機」。19話ではまさかのアモウ達vsガイ達という事態が発生する。これは箸休めであっても脇道ではない。

一歩を教える境界線――「境界戦機」18話レビュー&感想

分かたれ救われる「境界戦機」。18話では1期の自治区に似た保護区を舞台に物語が展開する。似て非なるものを分ける境界線を見つけた時、私達は自分の歩みを知ることができる。

選べない"その時"――「境界戦機」17話レビュー&感想

割り切れない「境界戦機」。17話ではアモウの抱える苦しみが明かされる。雌伏の時を余儀なくされる中、彼は反攻の時を待っていたが――"その時"を私達は選べない。

繋がりは隔絶の先――「境界戦機」16話レビュー&感想

" data-en-clipboard="true"> ©2021 SUNRISE BEYOND INC. " data-en-clipboard="true">離れ難き「境界戦機」。16話ではゴースト搭載機の初陣やアモウの秘密に迫る様子が描かれる。この2つの描写は分かれているが、離れてはいない。

成長は入れ替わりの先――「クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」レビュー&感想

無事春公開を迎えた映画「クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」。今回は忍者ものという舞台に野原家と屁祖隠(へそがくれ)家、2つの家族が現れる。両家の姿からは、特別と当たり前を問い直す本作の物語が見えてくる。

取り戻すべき心――「境界戦機」15話レビュー&感想

変貌の「境界戦機」。15話では様々な新事実が明かされる一方で謎が深まりもする。物語が次に取り戻すべきものは、いったいなんだろう?

ヒーローの条件――「境界戦機」14話レビュー&感想

再動の「境界戦機」。14話では8ヶ月の間の変化とガシン達の苦境が描かれる。13話で境界線上に消えたアモウは、いかにして今回ヒーローとして舞い戻ったのだろう?

境界線上に消ゆ――「境界戦機」13話レビュー&感想

彼方へ飛ぶ「境界戦機」。第一部の終りとなる13話では、ゴーストとの決戦と意外な別れが描かれる。戦いの中、アモウはどんな道を選んだのだろうか?

戦いの形、遊びの形――「吸血鬼すぐ死ぬ」12話レビュー&感想

馬鹿騒ぎの終わらない「吸血鬼すぐ死ぬ」。最終回となる12話では様々な戦いや遊びが描かれる。そしてこの戦いや遊びは、目に見えるものばかりとは限らない。

幽霊に常識は通じない――「境界戦機」12話レビュー&感想

決戦始まる「境界戦機」。12話では再び姿を現したゴーストにアモウ達が立ち向かう。今回は激戦に揺さぶられる境界線のお話だ。

見失えないオンリーワン――「吸血鬼すぐ死ぬ」11話レビュー&感想

遺物が蘇る「吸血鬼すぐ死ぬ」。11話ではかつての強敵の復活、そしてジョンとドラルクの出会いが描かれる。全くの無縁に思える二つの話を繋ぐものは何だろう?

境界を精査せよ――「境界戦機」11話レビュー&感想

求めるものを定める「境界戦機」。11話冒頭、野営地へ到着したアモウ達は汚れた自らの乗機を洗おうとする。そして、洗われるのは彼らの機体だけではない。

逢魔時は祭りの時間――「吸血鬼すぐ死ぬ」10話レビュー&感想

境が消え去る「吸血鬼すぐ死ぬ」。10話でロナルド達は祭りの見回りに訪れるが彼ら自身大いに祭りを楽しんでいる。そして今回、ごっちゃになっているのは仕事と祭りだけではない。

霧中の境界――「境界戦機」10話レビュー&感想

霧深い世界へ。「境界戦機」10話ではアモウ達は西東北のレジスタンスを助けるべく遠征する。今回彼らが越えるのは、支配圏の境界線だけではない。

脱がされたら終わり――「吸血鬼すぐ死ぬ」9話レビュー&感想

赤裸々満載「吸血鬼すぐ死ぬ」。9話では様々な吸血鬼が登場し画面が肌色に満ちる。だが、晒されているのは肌だけだろうか?

心の自治区――「境界戦機」9話レビュー&感想

道を分かつ「境界戦機」。9話ではガシンの兄貴分である末永ユウセイと彼の作った自治区が登場する。だが、それは本当に自治と言えるものだろうか?

辻斬りナギリは変身する――「吸血鬼すぐ死ぬ」8話レビュー&感想

お帰りはどちらから?「吸血鬼すぐ死ぬ」8話は変身に成功したドラルクがそれ故に家から出るのに苦労する様から始まる。今回はそういう、変身と出口に関するお話だ。

境界線を整備せよ――「境界戦機」8話レビュー&感想

戦いに留まらぬ道を見せる「境界戦機」。8話では廃村に逃げ込んだ人の生活を支援する八咫烏の活動が描かれる。今回はアメインの戦いは起きない。しかしこれも紛れもなく、境界を巡る戦いの話だ。

代入される真実――「吸血鬼すぐ死ぬ」7話レビュー&感想

恥辱が乱舞する「吸血鬼すぐ死ぬ」。7話では言語機能を狂わせる脅威の吸血鬼が登場する。しかし、本心を口にできなければそれは真実ではないのだろうか?

激突する境界――「境界戦機」7話レビュー&感想

きな臭さを増す「境界戦機」。7話ではシオンがアモウ達に合流し、またブラッド大尉の率いる部隊がゴーストと激闘を繰り広げる。その中で見えてくるのは、それぞれのホームグラウンドの所在と激突だ。

天井裏の正道――「吸血鬼すぐ死ぬ」6話レビュー&感想

化け物の上を行く「吸血鬼すぐ死ぬ」。6話では2人の怪物が物語を大きく動かす。恐怖の存在であるはずの吸血鬼すら恐れる怪物とは、そしてそこから逃れる道はいったいどんなものであろうか?

飛躍する少女――「境界戦機」6話レビュー&感想

戦場を風が舞う「境界戦機」。6話では紫々部シオンの駆るメイレス・レイキが登場する。その驚愕の性能が示すところは何か?

尊厳もすぐ死ぬ――「吸血鬼すぐ死ぬ」5話レビュー&感想

誰もがかたなしになる「吸血鬼すぐ死ぬ」。5話では危険度Aオーバーの吸血鬼・辻斬りナギリが登場する。彼は自らの魂を分離することで不死性を得ているとされるが、本当にそうだろうか? 肉体が死ななければ人は死なないのだろうか?