か行

怪盗の正体は――「ご注文はうさぎですか? BLOOM」2話レビュー&感想

劇中世界のアニメ「怪盗ラパン」の放送から始まり、普段以上にネジの外れた様子を見せる「ご注文はうさぎですか? BLOOM」2話。ラパンのカードが刺さった警官が彼女に夢中になってしまう姿(とナレーション)に、チノはラパンが盗むのはモノだけではないこと…

全てはギャップから――「ご注文はうさぎですか? BLOOM」1話レビュー&感想

夏を迎え、普段の制服では暑さの厳しくなってきたラビットハウス。浴衣やベストなしではどうも上手くいかず、ココア達は夏服を作ろうと思い立ち…… 人気シリーズ「ご注文はうさぎですか?」第3期は、暑いからアイスコーヒーを飲もうと考えた青山ブルーマウン…

人生と書いてラクガキと読む――「クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」レビュー&感想

エネルギー源である自由なラクガキの不足に悩む王国、ラクガキンダムの春日部侵略を巡る騒動が描かれる「クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」。ラクガキンダムの防衛大臣は愚かにも子供達にラクガキを強制させ、ラクガキのラクガキ…

孤独から救い合う物語――「ゴッド・オブ・ハイスクール」13話レビュー&感想

最後の戦い、そして続く未来が描かれる「ゴッド・オブ・ハイスクール」13話。鍵を吸収したジェガルは神か天使と見紛う姿と圧倒的な強さを誇る。それは彼が特別な存在となった証だが――特別とは、見ようによっては孤独なものでもある。

乱理もまた理――「ゴッド・オブ・ハイスクール」12話レビュー&感想

大会の終了が告げられ、試合の枠を超えた戦いが繰り広げられる「ゴッド・オブ・ハイスクール」12話。孫を殺されたジョン・ジェサンはその無念を生命に代えても晴らすと誓う。父祖の無念を子孫が晴らすのとは逆であるように、ノックスの首魁サン・マンダクの…

「ゴッド・オブ・ハイスクール」11話レビュー~消える聖域~

パク・イルピョが鍵として目覚め、「ゴッド・オブ・ハイスクール」11話は彼の借力である九尾の狐の昔話から始まる。天帝を守護するもあまりの力にその天帝からすら恐れられ粛清されそうになり、天界の半分を壊滅させた九尾の狐の絶大な力。それはイルピョの…

「ゴッド・オブ・ハイスクール」10話レビュー~見えない借力~

「ゴッド・オブ・ハイスクール」10話アバンでは、パク・イルピョの従姉妹のスンヨンが4年前戦えなくなった経緯と、それに怒りまた彼女の治療のために個人的感情を置き去りにしようとするイルピョが描かれる。アバンからラストに至るまで、この10話は彼がとも…

「ゴッド・オブ・ハイスクール」9話レビュー〜無双にして相似〜

©2020 Crunchy Onigiri, LLC ジン・モリが祖父を人質に取られ、3人がそれぞれ別の場所で戦う「ゴッド・オブ・ハイスクール」9話では、ユ・ミラが借力として英傑・呂布奉先を呼び出す。なぜこの突飛にも思える組み合わせなのかを考えると、今回は唯一性と相似…

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」26話レビュー~繋がり、別れ、広がり~

最終回となる「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」26話では、合体までした前回と打って変わってヒロト達4人の掛け合いはほとんど見られない。しかしもちろんそれは、彼らが繋がっていないことを意味しない。(以下続く)©創通・サンライズ#g_bd#リライズ感想…

「ゴッド・オブ・ハイスクール」8話レビュー〜支えは1つでなく〜

「ゴッド・オブ・ハイスクール」8話では、ジェガル・テクが失格にならないのは彼が「鍵」かもしれないからだけではないと示唆される。借拳や剣以外に借力という強さも現れたように、拠って立つものが1つとは限らない。(以下続く)©2020 Crunchy Onigiri, LL…

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」25話レビュー~分け合いも積み重ね~

エルドラの決戦となる「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」25話は、ヒロトとヒナタが会って分かれる場面から始まる。ここにある分かれは別れではなく分け合い、一層の広がりだ。(以下続く)。©創通・サンライズ#g_bd#リライズ感想 pic.twitter.com/kGPA6YWF…

「ゴッド・オブ・ハイスクール」7話レビュー~勝敗より大切なもの~

全国大会の始まった「ゴッド・オブ・ハイスクール」。7話では対戦相手のジャン・ジャンミがチームメイトのジン・ブングァンを負け組と見下していた過去が語られる。"負け組"、勝敗は試合の中だけにあるのではない。(以下続く)©2020 Crunchy Onigiri, LLC#g…

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」24話レビュー~大きくても小さくても~

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」24話では前作に登場したダイバーの多くが登場する。2クール作品のそれであるからいささか食べ足りないほど――つまり個々の描写は小さくとも、そこにあるものはけして小さくないということだ。(以下続く)©創通・サンライ…

「ゴッド・オブ・ハイスクール」6話レビュー~変化の主体を手放すな~

「ゴッド・オブ・ハイスクール」6話冒頭、ジン・モリの祖父テジンは怪しげな宗教団体に従うよう言われるが「好きにやる」と拒絶する。彼が拒むのは変化そのものではなく変化「させられる」ことだ。(以下続く)©2020 Crunchy Onigiri, LLC#goh_anime pic.twi…

「コンクリート・レボルティオ」24話レビュー~幻想は生きている~

「コンクリート・レボルティオ」最終回となる24話は、決戦から時が経った神化53年では既に人々が超人を懐かしむようになったとの語りから始まる。それは超人達が「幻想」となったことを意味する。©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会#コン…

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」23話レビュー~鏡が人を強くする~

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」23話ではヒロト達とマサキの対面が描かれる。前回マサキは自分の過ちが自分だけの特別なものであるという呪いから解放されたわけだが、そんな彼から見える役割こそはこの回の中心と言える。(以下続く)©創通・サンライ…

「ゴッド・オブ・ハイスクール」5話レビュー~友よ、強き友よ~

「ゴッド・オブ・ハイスクール」5話は、回想から打って変わってトイレで嘔吐するハン・デイの姿が描かれる。ユ・ミラを圧倒したとは思えぬ弱々しい姿だが、かつて喧嘩で負けたウ・スンテが晴れやかだったように、勝者と強者はイコールではない。(以下続く)…

「コンクリート・レボルティオ」23話レビュー~幻想の終わる時に~

「コンクリート・レボルティオ」23話で開かれる、超人が主役の博覧会。しかしその裏では胡摩を初めとした超人――超人とされない者達――が捕えられている。それは博覧会の華やかな「幻想」の終わりだ。(以下続く)©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製…

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」22話レビュー~"特別"を解体せよ~

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」22話冒頭、マサキの姉ミズキは奇跡でもなければ弟は助からないと考える。奇跡とは「特別」なものだから普通の人間には手が届かない。彼女も私達もそう考えるが、しかしそれはある種の傲慢ではないだろうか。(以下続く)…

「ゴッド・オブ・ハイスクール」4話レビュー~強さの形~

「ゴッド・オブ・ハイスクール」、4話はユ・ミラが求婚される驚きの幕開けで始まる。申し出を受けるか否かの選択もまた戦いであり、戦いはけして腕力だけで行われるものではない。(以下続く)©2020 Crunchy Onigiri, LLC#goh_anime pic.twitter.com/XZsggnw…

「コンクリート・レボルティオ」22話レビュー~幻想が真実を暴く~

「コンクリート・レボルティオ」22話は帝告の映画と、怒りで狐面を顕にする笑美の姿から始まる。映画は作り物――幻想だが、笑美の真実の姿をあぶり出したということだ。(以下続く)©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会#コンレボ pic.twitte…

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」21話レビュー~同期と枝分かれと~

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」21話。ヒナタは作戦会議をオフラインミーティングと勘違いし、また一方で生き生きとしたヒロトに幼き日と同じ姿を見る。姿の同異は、中身の同異とイコールではない。©創通・サンライズ#g_bd#リライズ感想 pic.twitter.co…

「ゴッド・オブ・ハイスクール」3話レビュー~壁の向こうは未知の世界~

「ゴッド・オブ・ハイスクール」3話。前回試合に乱入しカン・マンソクを圧倒したジン・モリは隔離される。1人だけの部屋で待機させられる彼は様々なものの「壁の向こう」にいる。©2020 Crunchy Onigiri, LLC#goh_anime pic.twitter.com/mDoUGrAtyN — 闇鍋は…

「コンクリート・レボルティオ」21話レビュー~曖昧さの中の蟻地獄~

「コンクリート・レボルティオ」21話。フリーゾーンたる「花鳥洞」は神化49年には既に閉店している。正義も悪もなく共にいられるその場所が閉じられていることは、曖昧さが狭められている証左だ。©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会#コン…

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」20話レビュー~積み重ねるから目に入る~

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」20話。前回描かれたのは小さなガンプラと小さな思い出の積み重ねであった。今回描かれるのは、積み重ねたものが無視できないほど大きくなった様だ。©創通・サンライズ#g_bd pic.twitter.com/1mmBe5ejdo — 闇鍋はにわ (@l…

「ゴッド・オブ・ハイスクール」2話レビュー~対峙する者に力添えを~

「ゴッド・オブ・ハイスクール」2話。不可思議な現象や侵入者を前に米国大統領は動じない。大きな力に対峙する時にこそその者の本質が現れる。もちろん、ジン・モリもまた。©2020 Crunchy Onigiri, LLC#goh_anime pic.twitter.com/8vU4pdReWE — 闇鍋はにわ (…

「コンクリート・レボルティオ」20話レビュー~曖昧さの行方~

「コンクリート・レボルティオ」20話。ベトナムの戦場で超人特殊部隊JOEのジョナサンは絶叫する。だが彼が耐えられないのは戦場という場所以上に、その曖昧さにこそある。©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会#コンレボ pic.twitter.com/1pi…

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」レビュー~希望の隠し場所~

©創通・サンライズ 1988年に公開され、30年以上を経て今なおファンを魅了し続ける「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」。そのラストは劇中の人間の誰にも説明不明の事象が発生し、更にはアムロとシャアは行方不明になる。不明、つまり「分からない」ことだらけ…

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」19話レビュー~小さなガンプラ、小さな思い出~

「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」19話。ついに明かされるヒロトの過去。それは彼の操るコアガンダム――小さなガンプラの過去の集積でもある。©創通・サンライズ ©創通・サンライズ・テレビ東京#g_bd pic.twitter.com/tr4t8DeF0B — 闇鍋はにわ (@livewire8…

「ゴッド・オブ・ハイスクール」1話レビュー〜全ては力なり〜

韓国ウェブトゥーン原作のアクションアニメ「ゴッド・オブ・ハイスクール」。1話ではAパート終わりまで主人公ジン・モリがただのひったくりを追いかける様子が描かれる。尺の使い方がおかしいのではない、これは格闘高校生とバイクの「異種格闘技戦」だ。©20…