か行-歌舞伎町シャーロック

「歌舞伎町シャーロック」24話~葬儀の終わり~

「歌舞伎町シャーロック」24話。前回のレビューで追記したように、本作はやり直しの物語。ならばこの最終回でも必要なのはやり直しだ。シャーロックにはモリアーティとの「別れのやり直し」が必要だ。©歌舞伎町シャーロック製作委員会#歌舞伎町シャーロック …

「歌舞伎町シャーロック」23話レビュー~脱サークルクラッシャー~

「歌舞伎町シャーロック」23話。前回明らかになったワトソンのサークルクラッシャーな過去。しかしモリアーティに絡めて語られたようにそれは唐突なものではなく、彼の宿痾でありこれまでも描かれてきた性質に過ぎない。©歌舞伎町シャーロック製作委員会#歌…

「歌舞伎町シャーロック」22話レビュー~近過ぎず遠過ぎず~

「歌舞伎町シャーロック」22話。匿名掲示板で始まるパン職人(助手)のイースト菌の話題、長屋から全く離れて見えるそれは実は探偵達の事という身近な話題。距離とは、見たものとそのまま一致するわけではない。©歌舞伎町シャーロック製作委員会#歌舞伎町シ…

「歌舞伎町シャーロック」21話レビュー~やり直しは救い~

「歌舞伎町シャーロック」21話。ワトソンの刺された現場を訪れ、シャーロックは嘆くのでは笑う。現場検証とは捉え直しであり、その時認識はやり直される。やり直すのは間違っていたから、道を誤っていたから。©歌舞伎町シャーロック製作委員会#歌舞伎町シャ…

「歌舞伎町シャーロック」20話レビュー~抜ける底~

「歌舞伎町シャーロック」20話。モリアーティはルーシーをアリーナの地下に誘い込んで誘拐する。地下とは底の先。何もかもの底が抜けていく。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2020年2月29日

「歌舞伎町シャーロック」19話レビュー~砕かれる希望~

「歌舞伎町シャーロック」19話。爆弾の場所が分かることとそれを止められることはイコールではない。表面上の勝者が実際上も勝者であるわけではない。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2020年2月22日

「歌舞伎町シャーロック」18話レビュー~まがい物の真情~

「歌舞伎町シャーロック」18話。モリアーティは探偵長屋に登録していないという意味では「本物の探偵」ではない。しかしまがい物や嘘に真心が宿らないとは限らない。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2020年2月15日

「歌舞伎町シャーロック」17話レビュー~通じる暗号、通わぬ心~

「歌舞伎町シャーロック」17話。暗号とはその正体を知る者同士でしか通じない。しかし通じるからと言って心まで通うとは限らないし、逆もまた然り。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2020年2月8日

「歌舞伎町シャーロック」16話レビュー~日向と日陰の交わる時~

「歌舞伎町シャーロック」16話。日向と日陰が混じり合うが歌舞伎町、されどそれは良きも悪きも引き起こす危険な組み合わせ。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2020年2月1日

「歌舞伎町シャーロック」15話レビュー~高さ変われば人変わる~

「歌舞伎町シャーロック」15話。上から降らすはただの着色水、下から見れば謎のおぞましき血。虚実は高度の差異や変化で生まれ、またそれは移動することができる。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2020年1月25日

「歌舞伎町シャーロック」14話レビュー~虚実の使い方~

「歌舞伎町シャーロック」14話。夢も現実も、人を助けも傷つけもする。そして必要なのはどちらか片方だけではない。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2020年1月17日

「歌舞伎町シャーロック」13話レビュー~染まらぬ一色~

「歌舞伎町シャーロック」13話。シャーロック達とモリアーティは面会室という同じ場所にいながら、全てを共有することはできない。ハドソン夫人の服装、区境越えの許可、モリアーティ(ジェームズ)への暴力などにワトソンは何もできない。人と人が全てを共…

「歌舞伎町シャーロック」12話レビュー~解かれる謎、残される謎~

「歌舞伎町シャーロック」12話。モリアーティのジャック殺害にショックを隠せない長屋の面々に、普段どおりの探偵仕事はできない。必要なのはリハビリ、心の整理。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2019年12月28日

「歌舞伎町シャーロック」11話レビュー~探偵と犯罪者の境界~

「歌舞伎町シャーロック」11話。語られる芝居の全貌。しかしそれは探偵の推理というよりは犯罪者の種明かしに似る。性別その他もろもろの混ざる歌舞伎町では、探偵と犯罪者すらその例外ではない。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2019年1…

「歌舞伎町シャーロック」10話レビュー~孤独な探偵は踊る~

「歌舞伎町シャーロック」10話。今回の探偵役はシャーロックでも長屋の面々でもなくワトソンだ。依頼人はアイリーン、内容はその遺言を紐解くこと。たびたび姿を現す「幽霊」はワトソンをその役から掴んで離さない。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@li…

「歌舞伎町シャーロック」9話レビュー~見つからぬ居場所~

「歌舞伎町シャーロック」9話。アイリーンを匿うため、シャーロックの部屋を出る羽目になるワトソン。今回は「居場所」の話。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2019年12月7日

「歌舞伎町シャーロック」8話レビュー~探偵の条件、依頼人の条件~

「歌舞伎町シャーロック」8話。パイプキャットを訪れたシャーロックの前に現れたのは、ハドソン夫人の代わりに店を仕切るアイリーン。今回は「代役」の話。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2019年11月30日

「歌舞伎町シャーロック」7話レビュー~嘘つきのセンス~

「歌舞伎町シャーロック」7話。盗まれたUSBメモリーの奪還を依頼される今回、小林は参加できない。嘘がつけない彼は参加できない。つまり今回は嘘つき合戦であり、誰がより上手く嘘をつけるかの競い合いになる。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewi…

「歌舞伎町シャーロック」6話レビュー~探偵の役割~

「歌舞伎町シャーロック」6話。娑婆と刑務所を行き来しラムネとラップををキメる変人ヤクザ・杉本。彼は太陽を手刀で切ろうという奇行に走るが、当然切れるわけもない。今回は切ろうとしても切れぬものを繋ぐ、あんちゃん探偵小林の回。#歌舞伎町シャーロッ…

「歌舞伎町シャーロック」5話レビュー~ギャップは萌えの源泉~

「歌舞伎町シャーロック」5話、モーンスタン姉妹を見守る母の笑顔は、15年前も亡くなった後の遺影も変わらない。父の失踪もあってむしろ輝きを増していると言ってもいい。今回はそういう、変わらないどころか変わってむしろ増すものの話。#歌舞伎町シャーロ…

「歌舞伎町シャーロック」4話レビュー~繋がっている敗北~

「歌舞伎町シャーロック」4話。リアル銭湯行方不明事件、視聴者からすれば誰が殺したか想像するのは難しくない、入れ替わりのトリックに当てをつけるのも難しくない。難しいのはそれを結びつけること、繋がりを見出すことだ。今回はシャーロックの敗北のお話…

「歌舞伎町シャーロック」3話レビュー~ミステリーはリバースするオリジン~

「歌舞伎町シャーロック」3話。そもそもなぜワトソンはイーストへやってきたのか。アバンはそこにさかのぼる。さかのぼって、聞き届けられぬ今にひっくり返る。アバンはその回の象徴だ。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2019年10月26日

「歌舞伎町シャーロック」2話レビュー~真実の置き場所~

「歌舞伎町シャーロック」2話。前回の交通事故で歩けないように振る舞っておいて、実はシャーロックは歩行に支障はない。今回、真実はいつも別の場所にある。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2019年10月19日

「歌舞伎町シャーロック」1話レビュー~混沌の荒海へ~

「歌舞伎町シャーロック」1話。壁の向こうへやってきたワトソンは歌舞伎町を「混沌の街」と呼ぶ。事実、彼が目にするのは多くの混沌だ。#歌舞伎町シャーロック — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2019年10月12日