ら行-ルパン三世 PART6

夜明けの密約――「ルパン三世 PART6」7話レビュー&感想

銃声暗闇に響かず「ルパン三世 PART6」。7話では10年前の事件の一端が明かされる。だが、副題の「語られざる事件」とは果たしてその10年前の事件のことだろうか?

蘇る宝は胸の奥に――「ルパン三世 PART6」6話レビュー&感想

仮想の真を見る「ルパン三世 PART6」。6話ではルパンが昭和初期の帝都東京に来てしまった経緯と騒動のてん末が語られる。果たしてルパンは今回、いったい何をどうやって盗んだのだろう?

お宝は時の鍵――「ルパン三世 PART6」5話レビュー&感想

時の針を動かす「ルパン三世 PART6」。推理作家・芦辺拓をゲスト脚本に招いた5話ではなんと昭和初期を舞台に移しての騒動が描かれる。2話構成の前編から見えてくるのは、お宝やルパン三世とは何なのかという問いかけだ。

短編のお宝とは――「ルパン三世 PART6」4話レビュー&感想

難問に挑む「ルパン三世 PART6」。押井守が脚本を務める4話では、殺し屋達の集まったダイナーでの奇妙なやりとりが半分を占める。さて、これをどう読み解くべきか?

「ルパン三世 PART6」3話感想覚書

朝から繰り返し見てるんですがどうも今回は書ける見込みが立たないので、考えたことのメモだけ記録します。力不足ですみません。

らしくあるための距離――「ルパン三世 PART6」2話レビュー&感想

美味しいものはお預けの「ルパン三世 PART6」。2話ではルパン一味とホームズの最初の激突、そしてロンドンでの騒動のひとまずの終わりが描かれる。じれったさもあるこの展開はしかし、一つの示唆を含んでいる。

謎こそミステリーの宝――「ルパン三世 PART6」1話レビュー

英国を舞台に幕を開ける「ルパン三世 PART6」。1話アバンは包囲され動機を不審がられるアルベールを遠くから見るルパンで幕を開ける。今回のルパン三世のターゲットは「それ」だ。

"小林次元"は死なない――「ルパン三世 PART6」0話レビュー&感想

怪盗の新たな歴史を刻む「ルパン三世 PART6」。0話は小林清志最後の次元大介となる単独エピソード。半世紀に渡る時代の変化に"小林次元"が出した答えとはなんだろうか?