か行-機動戦士ガンダム 水星の魔女

引導の時――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」9話レビュー&感想

踏ん切りの「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。9話ではスレッタ達地球寮とシャディク達グラスレー寮の決闘が描かれる。その戦いから見えてくるのは、諦めの悪い少年と少女の昔日との別れである。

学生の本分――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」8話レビュー&感想

アイデンティティを探す「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。8話では株式会社ガンダムの方向性を巡る悶着が描かれる。今回は学生の起業などが言われる現代らしい題材であり、そして学生の本分を問うお話だ。

自立の条件――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」7話レビュー&感想

孵化を迎える「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。7話ではスレッタとエアリアルに思わぬ危機が訪れ、ミオリネの覚悟が問われる。彼女の自立に必要だったものは、果たしてなんだろうか?

かけがえなさの誕生日――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」6話レビュー&感想

君が生まれる「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。6話ではスレッタとエランの決闘が繰り広げられる。エランの結末が示すものは、いったいなんだろう?

人と操り人形と――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」5話レビュー&感想

愛が憎しみを増す「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。5話では御三家のパイロットの一人、エラン・ケレスが動き出す。彼の秘密から見えてくるのは、人間と機械(操り人形)の境界線のあやふやさである。

特別さではできないこと――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」4話レビュー&感想

垣根を越える「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。4話冒頭、スレッタはグエルからのプロポーズを、彼の特別な人になることを断り逃げるように去る。今回は彼女が特別さから逃走するお話だ。

惚れたが負け――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」3話レビュー&感想

色ボケの「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。3話ではスレッタとグエルの再戦が行われる。その決着はMSでつくとは限らない。

二人目の魔女は銀色――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」2話レビュー&感想

対峙が未来を作る「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。2話ではミオリネが父デリングと言葉の決闘を行う。今回は彼女がもう一人の魔女になるための物語である。

情けは人の為ならず――「機動戦士ガンダム 水星の魔女」1話レビュー&感想

水の星より来たる「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。1話では主人公のスレッタが「進む」ことの意義を語る。では、進むため必要なものはなんだろう?

逆流のG――「機動戦士ガンダム 水星の魔女 PROLOGUE」レビュー&感想

" data-en-clipboard="true"> © 創通・サンライズ・MBS " data-en-clipboard="true">ゼロへと至る「機動戦士ガンダム 水星の魔女 PROLOGUE」。本編の前日譚となるPROLOGUEでは、劇中世界における「ガンダム」の位置付けが語られる。今回はそこから本作の予想…