た行-ダンジョン飯

座標を特定せよ――「ダンジョン飯」15話レビュー&感想

地上は遠い「ダンジョン飯」。15話では彷徨うライオス達が描かれる。必要なのは座標を知ることだ。

生態系は一つにあらず――「ダンジョン飯」14話レビュー&感想

別世界を覗く「ダンジョン飯」。2クール目初回はライオス達の再出発回……ではない。いくつものパーティからはまたいくつもの、異なる生態系が見えてくる。

口移しの言葉――「ダンジョン飯」13話レビュー&感想

異口異音の「ダンジョン飯」。13話では急転直下の事態にチルチャックの心が揺れる。言葉は時に、口移しである。

究極のダンジョン飯、至福の食卓――「ダンジョン飯」12話レビュー&感想

念願の「ダンジョン飯」12話。魔物を食べながら続けたダンジョン探索で遂にレッドドラゴンを倒したライオス一行。だが、彼らが真に味わうのは炎竜の肉ではない。

レッドドラゴンに食われるな――「ダンジョン飯」11話レビュー&感想

死中に活を求める「ダンジョン飯」。11話ではレッドドラゴンとの決戦が繰り広げられる。飯を作らずとも、ダンジョン飯が食事の概念から離れることはない。

獣道は王の道――「ダンジョン飯」10話レビュー&感想

決戦迫る「ダンジョン飯」。10話ではライオス達のこれまで歩んできた「道」が見えてくる。獣道は常に脇道とは限らない。

水と油は混ざらない――「ダンジョン飯」9話レビュー&感想

合わせ難きを頂く「ダンジョン飯」。9話では以前の仲間との再会が描かれる。けして混ざらぬマルシルとナマリのそれは、水と油の関係にも似ている。

切っても切れない純・不純――「ダンジョン飯」8話レビュー&感想

世界を知る「ダンジョン飯」。8話はダンジョンの幽遠さと厳しさを見せる回だ。その奥深さは、純粋さと不純さの切っても切れない関係にも似ている。

心を軽くする魔法――「ダンジョン飯」7話レビュー&感想

食べて食べられる「ダンジョン飯」。7話では魔法が大活躍する。だが、それは魔力を使った魔法ばかりとは限らない。

絵の中から飯を出せ――「ダンジョン飯」6話レビュー&感想

生存競争の「ダンジョン飯」。6話はいつも以上に意外なものが食材になる。絵の中から飯を出すにはどうすればいいのだろう?

忘れ難きは地上の味――「ダンジョン飯」5話レビュー&感想

食べ続ける「ダンジョン飯」。5話では地上とダンジョンを隔てるような食事が登場する。今回ライオスが味わうのは、忘れ難き地上の味だ。

食卓は生態系の味――「ダンジョン飯」4話レビュー&感想

皆で囲む「ダンジョン飯」。4話ではダンジョンの新たな姿と共にライオスの進むべき道がおぼろげに示される。食卓を作ることは生態系に似ている。

魔物殺しの魔物――「ダンジョン飯」3話レビュー&感想

食らい尽くす「ダンジョン飯」。3話では新種の魔物が発見される。おなじみ「動く鎧」の正体――だが、それは本当に魔物なのだろうか?

パーティはバジリスク――「ダンジョン飯」2話レビュー&感想

探求続く「ダンジョン飯」。2話ではパーティの一体感が増していく。それは例えるならバジリスクにも似ている。

ダンジョンに入る方法――「ダンジョン飯」1話レビュー&感想

異色のファンタジーグルメ漫画「ダンジョン飯」。アニメ版1話はライオス達の新生活から始まる。見えてくるのは本当の意味で人がダンジョンに入る方法である。