か行-ゲッターロボ アーク

時という名のゲットマシン――「ゲッターロボ アーク」12話レビュー&感想

時の因果を破壊する「ゲッターロボ アーク」。12話の副題は「折り重なる刻」……意味深と言うより意味不明とすら思えるこのタイトルは、しかし正鵠を射ている。今回のレビューではそれを解き明かしていこう。

意志か、導きか――「ゲッターロボ アーク」11話レビュー&感想

そびえ立つさだめの「ゲッターロボ アーク」。11話では拓馬の母の仇マクドナルドとの決着と、未来世界での戦いの終わりが描かれる。あまりにも壮大な闘争を生き抜く希望は、どこにあるのだろう?

揺れる枠組み――「ゲッターロボ アーク」10話レビュー&感想

転移の先も地獄の広がる「ゲッターロボ アーク」。10話で拓馬は意外な人物と出会う。恐竜帝国に特攻したはずの初代ゲッターチームの一人、巴武蔵……その存在は生死の枠組みを揺さぶる。そして、揺さぶられるのはそれだけではない。

見極めの先達――「ゲッターロボ アーク」9話レビュー&感想

虎穴へ飛び込む「ゲッターロボ アーク」。9話ではマシーンランドが襲撃され拓馬達も危機に陥る。彼らが迎えるそれは、単純な命の危険ではない。

抗わず、従わず――「ゲッターロボ アーク」8話レビュー&感想

人と竜が歩む「ゲッターロボ アーク」。前回突如人類のパートナーとして浮上した恐竜帝国だが、8話ではその体制が見えてくる。果たして恐竜帝国はどのような国家なのか、そしてそれに対する拓馬の行動の持つ意味とは?

繋がりはパンドラの箱――「ゲッターロボ アーク」7話レビュー&感想

進化を続ける「ゲッターロボ アーク」。7話では恐竜帝国との共闘という驚愕の戦略が明かされる。敵対した相手とも繋がれるのは関係の進化であり、前進であろう。しかしそれは良いことだけを生むものなのだろうか?

過去をねじ曲げ直せ――「ゲッターロボ アーク」6話レビュー&感想

新たな過去が姿を現す「ゲッターロボ アーク」。6話は原作読者も知らぬ驚愕の展開。今回は未知の話だからこそ「過去」がひときわ大きな意味を持つ回である。

もう一人の申し子――「ゲッターロボ アーク」5話レビュー&感想

激突止まぬ「ゲッターロボ アーク」。5話の副題である「申し子」はもちろん拓馬のことでありゲッターアークやアークチームのことだが――果たして申し子は、それらだけだろうか?

一方向の爪痕――「ゲッターロボ アーク」4話レビュー&感想

外なる敵と内なる謎に立ち向かう「ゲッターロボ アーク」。4話、拓馬達は19年前の光景を勝手に見せられまたそこに干渉することはできない。今回は双方向ではない繋がりが、それでも爪痕を残していくお話だ。

蟻を踏み潰す象になれ――「ゲッターロボ アーク」3話レビュー&感想

点と点が繋がってゆく「ゲッターロボ アーク」。3話では拓馬の過去と謎の敵との関係の一端が描かれる。別個と思われたものを結びつける――ゲッター線を巡る戦いの恐ろしさはそこにある。

3機の理由――「ゲッターロボ アーク」2話レビュー&感想

新たなゲッターチーム誕生となる「ゲッターロボ アーク」2話、アークは第4世代のゲッターロボと説明される。共通した定義やコンセプトを持つゲッターロボは4度目の「繰り返し」を迎えたわけだが、それはただ同じことの繰り返しではない。

見えない道を導く者――「ゲッターロボ アーク」1話レビュー&感想

石川賢の遺産が動き出す「ゲッターロボ アーク」。本作の舞台は平和な日本ではなく、荒廃した世界。これは先の見えぬ未来への道標を見つけ出す1話だ。