2024-01-01から1年間の記事一覧

ツンデレとは借金と見つけたり――「ブルーアーカイブ The Animation」2話レビュー&感想

信頼を築く「ブルーアーカイブ The Animation」。2話は1年生のセリカが中心となる。「ツンデレ」な彼女の気質は、借金に似ている。

春夏秋冬のシンコペーション――「響け!ユーフォニアム3」2話レビュー&感想

選択の「響け!ユーフォニアム3」。2話では久美子達がコンクールで演奏する自由曲を決める。だが、彼女達が決めたのはただの曲目ではない。

座標を特定せよ――「ダンジョン飯」15話レビュー&感想

地上は遠い「ダンジョン飯」。15話では彷徨うライオス達が描かれる。必要なのは座標を知ることだ。

2024/1-3月期終了アニメアンケート

「アニメ調査室(仮)」さんが行うアニメのアンケート、2024/1-3月期分も参加したいと思います。

学校に必要なもの――「ブルーアーカイブ The Animation」1話レビュー&感想

大人気ゲーム待望のTVアニメ化となった「ブルーアーカイブ The Animation」。1話は廃校の危機が描かれる。が、必要なのは物資の補充ではない。

始まらない1話――「響け!ユーフォニアム3」1話レビュー&感想

昨年の映画を経て遂に地上波へ帰ってきたアニメ「響け!ユーフォニアム」。待望の3期だが、敢えて言おう。この1話ではまだ3期は始まっていない。

核分裂する世界――「オッペンハイマー」レビュー&感想

アメリカに遅れること8ヶ月、日本でも公開の運びとなった「オッペンハイマー」。原爆の父の伝記的物語が示すのは、発見や発明の持つ「核分裂的」インパクトである。

生態系は一つにあらず――「ダンジョン飯」14話レビュー&感想

別世界を覗く「ダンジョン飯」。2クール目初回はライオス達の再出発回……ではない。いくつものパーティからはまたいくつもの、異なる生態系が見えてくる。

コード・イヴの正体――「メタリックルージュ」最終回13話レビュー&感想

終わり始まる「メタリックルージュ」。最終回13話では黒幕によって自由と隷属が反転する。本作の鍵であるコード・イヴとはいったいなんだったのだろう?

口移しの言葉――「ダンジョン飯」13話レビュー&感想

異口異音の「ダンジョン飯」。13話では急転直下の事態にチルチャックの心が揺れる。言葉は時に、口移しである。

のっぺらぼうの逆襲――「メタリックルージュ」12話レビュー&感想

誰を問う「メタリックルージュ」。12話ではネアンのユニットであるイドが特別な輝きを放つ。それはいわば人の魂の輝きである。

茶番は終わらない――「愚かな天使は悪魔と踊る」最終回12話レビュー&感想

日々は続く「愚かな天使は悪魔と踊る」。最終回12話では事件の後始末が描かれる。物語の終わりは茶番の終わり、ではない。

【ネタバレ】知らない宇宙人――「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」前章レビュー&感想

あまりにも限られた情報で展開される物語は私達に「知らない」「分からない」を突きつける。それは謎の宇宙船がすぐ側にある日常と何も変わらない。

究極のダンジョン飯、至福の食卓――「ダンジョン飯」12話レビュー&感想

念願の「ダンジョン飯」12話。魔物を食べながら続けたダンジョン探索で遂にレッドドラゴンを倒したライオス一行。だが、彼らが真に味わうのは炎竜の肉ではない。

星の所在――「メタリックルージュ」11話レビュー&感想

紐解かれていく「メタリックルージュ」。11話では金星でのルジュ達の決戦が始まる。だが、副題にある「狙われた星」は金星を指していない。

一人でできない茶番劇――「愚かな天使は悪魔と踊る」11話レビュー&感想

帰還の「愚かな天使は悪魔と踊る」。11話では阿久津の暴走が思わぬ事態を引き起こす。茶番は一人では取り戻せない。

【ガンプラ作ったよ】グフカスタム

「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」より、HGUCグフカスタムを製作しました。

レッドドラゴンに食われるな――「ダンジョン飯」11話レビュー&感想

死中に活を求める「ダンジョン飯」。11話ではレッドドラゴンとの決戦が繰り広げられる。飯を作らずとも、ダンジョン飯が食事の概念から離れることはない。

二つの似姿――「メタリックルージュ」10話レビュー&感想

よく似た者の「メタリックルージュ」。10話ではシアンが思わぬ形で再登場する。ルジュ達とアルターからは、家族の二つの肖像が見えてくる。

2024春アニメ レビュー予定作品

新しい出会いと別れのシーズンとなりました。2024年春、本ブログは以下の作品をレビューします。

茶番の尊厳――「愚かな天使は悪魔と踊る」10話レビュー&感想

屈辱の「愚かな天使は悪魔と踊る」。10話ではリリーの兄ツヴァイが彼女を傷つける。だが、尊厳を汚されるのはリリーだけではない。

獣道は王の道――「ダンジョン飯」10話レビュー&感想

決戦迫る「ダンジョン飯」。10話ではライオス達のこれまで歩んできた「道」が見えてくる。獣道は常に脇道とは限らない。

結果は訪れ来たるもの――「メタリックルージュ」9話レビュー&感想

二人再び「メタリックルージュ」。9話ではナオミの秘密が明かされる。結果は掴むものとは限らない。

茶番の姉達――「愚かな天使は悪魔と踊る」9話レビュー&感想

導かれる「愚かな天使は悪魔と踊る」。9話ではリリーの素体・リーリヤが彼女の姉としてやってくる。姉というのはもちろんデタラメだが、全くの誤りでもない。

歌姫vs天才軍師――「パリピ孔明 Road to Summer Sonia」レビュー&感想

2022年に放映されたアニメの総集編映画である「パリピ孔明 Road to Summer Sonia」。現代に転生した諸葛孔明が戦うのは芸能界? 否、彼が戦う相手は傍らに立つ歌姫だ。

水と油は混ざらない――「ダンジョン飯」9話レビュー&感想

合わせ難きを頂く「ダンジョン飯」。9話では以前の仲間との再会が描かれる。けして混ざらぬマルシルとナマリのそれは、水と油の関係にも似ている。

寄る辺なき答え――「メタリックルージュ」8話レビュー&感想

選択の「メタリックルージュ」。8話では遂にコード・イヴの秘密が明かされる。だが、それがルジュの答えになるとは限らない。

茶番と嘘――「愚かな天使は悪魔と踊る」8話レビュー&感想

真実と嘘の「愚かな天使は悪魔と踊る」。8話は阿久津とリリーの噂が二人の関係を揺るがすこととなる。茶番と嘘は別物である。

【ガンプラ作ったよ】ライジングフリーダムガンダム(クリアカラー)

「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」より、クリアカラーのライジングフリーダムを部分塗装で仕上げました。

切っても切れない純・不純――「ダンジョン飯」8話レビュー&感想

世界を知る「ダンジョン飯」。8話はダンジョンの幽遠さと厳しさを見せる回だ。その奥深さは、純粋さと不純さの切っても切れない関係にも似ている。