最初の歯車――「メタリックルージュ」7話レビュー&感想

ズレ続ける「メタリックルージュ」。ナオミの正体が明かされ、7話では急展開が続く。副題である「正しい歯車」の指す「正しさ」、そして「歯車」とは何なのだろう?

ご褒美は平行線の上――「愚かな天使は悪魔と踊る」7話レビュー&感想

二人きりの「愚かな天使は悪魔と踊る」。7話では阿久津とリリーが入れ違いに一人相撲を繰り広げる。けれど、特別なご褒美はその交わらなさの上にある。

【ガンプラ作ったよ】キュベレイMk-Ⅱ(エルピー・プル機&プルツー機)

「機動戦士ガンダムZZ」よりキュベレイMk-Ⅱを製作しました。

心を軽くする魔法――「ダンジョン飯」7話レビュー&感想

食べて食べられる「ダンジョン飯」。7話では魔法が大活躍する。だが、それは魔力を使った魔法ばかりとは限らない。

一つと二つの円環――「メタリックルージュ」6話レビュー&感想

擬態する「メタリックルージュ」。6話では地球に戻る船で事件が起きる。ミステリーとも言い難い今回の話は、船の行き先がそうであるように「帰還」の話だ。

天使様は茶番に夢中――「愚かな天使は悪魔と踊る」6話レビュー&感想

新展開の「愚かな天使は悪魔と踊る」。6話では思わぬシリアスな兆しが覗く。リリーにとって阿久津との時間は何なのだろう?

絵の中から飯を出せ――「ダンジョン飯」6話レビュー&感想

生存競争の「ダンジョン飯」。6話はいつも以上に意外なものが食材になる。絵の中から飯を出すにはどうすればいいのだろう?

忘れられる祝祭――「メタリックルージュ」5話レビュー&感想

つかの間の「メタリックルージュ」。5話では謎の移動カーニバルの中でルジュが夢現定かならぬ時を過ごす。その時間は祝祭のように華やかだ。

ラブコメの危機――「愚かな天使は悪魔と踊る」5話レビュー&感想

転換の「愚かな天使は悪魔と踊る」。5話では阿久津とリリーが急接近。だが、今回描かれているのはむしろラブコメの危機だ。

【ネタバレ】世界は姉妹でできている――「大室家 dear sisters」レビュー&感想

「ゆるゆり」のスピンオフを映像化した「大室家 dear sisters」。いわゆる日常系の本作に大筋はない。けれどだからこそ感じられるまとまりは、それこそが姉妹のようなものだ。

忘れ難きは地上の味――「ダンジョン飯」5話レビュー&感想

食べ続ける「ダンジョン飯」。5話では地上とダンジョンを隔てるような食事が登場する。今回ライオスが味わうのは、忘れ難き地上の味だ。

不在の幻影――「メタリックルージュ」4話レビュー&感想

幻の「メタリックルージュ」。4話では幻影のヴェルデとの暗闘が繰り広げられる。だが、「幻影のヴェルデ」などという者は本当に存在したのだろうか?

茶番は安全装置――「愚かな天使は悪魔と踊る」4話レビュー&感想

軽やかなる「愚かな天使は悪魔と踊る」。4話では笑いが阿久津とリリーの距離を縮めていく。真面目にやるのが最善とは限らない。

食卓は生態系の味――「ダンジョン飯」4話レビュー&感想

皆で囲む「ダンジョン飯」。4話ではダンジョンの新たな姿と共にライオスの進むべき道がおぼろげに示される。食卓を作ることは生態系に似ている。

【ネタバレ】愛は温故知新の種――「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」レビュー&感想

十数年の時を超えて公開となった「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」。かつて新たなガンダムを目指した作品が今語るのは、古くそして力強い物語である。

踏み越える街――「メタリックルージュ」3話レビュー&感想

境に惑う「メタリックルージュ」、3話の副題は「境界の街」。舞台となるウェルズタウンはいったいどんな街なのだろうか?

見えない悪魔――「愚かな天使は悪魔と踊る」3話レビュー&感想

敵は何処に「愚かな天使は悪魔と踊る」。3話ではリリーが友人を得る。彼女が狩るつもりだった悪魔はラストまで出て来ないが、それでも狩られた悪魔は存在する。

千年女優は私達に問う――「千年女優」レビュー&感想

約20年の時を超えて2024年にリバイバル上映された、今敏監督の「千年女優」。現実か虚構か分からぬ女優の一生は、尽きぬ希望と共に私達に問いを投げかけている。

魔物殺しの魔物――「ダンジョン飯」3話レビュー&感想

食らい尽くす「ダンジョン飯」。3話では新種の魔物が発見される。おなじみ「動く鎧」の正体――だが、それは本当に魔物なのだろうか?

自由は迷路の中――「メタリックルージュ」2話レビュー&感想

放浪の「メタリックルージュ」。2話では傭兵やウォーマシン相手の大乱闘が繰り広げられる。本筋から外れた迷路のような話にむしろ、ルジュの選べる自由が見え隠れする。

ポンコツだらけの世界――「愚かな天使は悪魔と踊る」2話レビュー&感想

天使と悪魔が張り合う「愚かな天使は悪魔と踊る」。2話では阿久津とリリーが激しい戦いを繰り広げる。見えてくるのは二人の、いや世界のポンコツぶりだ。

映画「窓ぎわのトットちゃん」レビューに追記しました

トットちゃんの「リズム」に基づく見方について更新しました。

パーティはバジリスク――「ダンジョン飯」2話レビュー&感想

探求続く「ダンジョン飯」。2話ではパーティの一体感が増していく。それは例えるならバジリスクにも似ている。

人機逆転――「メタリックルージュ」1話レビュー&感想

科学と黒の「メタリックルージュ」は1話から放り出すようにして視聴者を火星に羽ばたかせる。見えてくるのは「らしからぬ」人造人間の姿だ。

嘘つき悪魔と正直者の天使――「愚かな天使は悪魔と踊る」1話レビュー&感想

新感覚ハラグロラブコメ「愚かな天使は悪魔と踊る」。1話で出会う阿久津と天音は、まるで悪魔と天使のように対照的だ。

2023/10-12月期終了アニメアンケート

「アニメ調査室(仮)」さんが行うアニメのアンケート、2023/10-12月期分も参加したいと思います。

ダンジョンに入る方法――「ダンジョン飯」1話レビュー&感想

異色のファンタジーグルメ漫画「ダンジョン飯」。アニメ版1話はライオス達の新生活から始まる。見えてくるのは本当の意味で人がダンジョンに入る方法である。

【ガンプラ作ったよ】ノンスクランブルガンダム

2024年初め、一応のオリジナルガンプラを製作しました。「機動戦士ガンダムSEED」のif世界で作られた"立像"のガンプラです。

2024年 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。早いもので2020年代ももう1/3を過ぎてしまいました。こちらの一応はオリジナルのガンプラ記事は明日更新予定です。

始まりと終わりの距離――「星屑テレパス」12話レビュー&感想

彼方照らすアニメ「星屑テレパス」。最終回12話では海果とユウが誓いを繰り返す。その約束に必要なものは、一番遠くて一番近いところにある。