あ行-オッドタクシー

床と夢――「オッドタクシー」6話レビュー&感想

縁と切れ目が錯綜する「オッドタクシー」。6話は意外な結びつきの開示や誕生、あるいは逆に切断や消失が描かれる。敵対は対立から、共闘は共感から生まれる――とは限らない。

膨らむ利息――「オッドタクシー」5話レビュー&感想

絡み合い深まる「オッドタクシー」5話では、小戸川はいつも以上に多くを乗せる。タクシーはほとんど一期一会の仕事だが、だからといって降りた瞬間に全てが消えたりはしないものだ。

一人相撲の30分――「オッドタクシー」4話レビュー&感想

ありふれた狂気の「オッドタクシー」。4話は小戸川の台詞はなく、30分はひたすら田中という男の独白に費やされる。独白とは一方的なものだ。どうあがいても、それは偏りを免れない。

夢で現で――「オッドタクシー」3話レビュー&感想

相乗りすれ違い「オッドタクシー」。3話、柿花は電話する黒田の言葉を自分へのものと勘違いし、しばし幻の会話が成立する。話が通じる・通じないとよく言うが、どれ程確かなものだろう。

反復は偏りの母――「オッドタクシー」2話レビュー&感想

「オッドタクシー」2話では独身中年、アイドルグループ、漫才コンビなど同格の組み合わせが多く現れる。しかし同じ存在である以上、彼らは常に等しい存在ではいられない。最初は小さくとも、その違いは大きくなっていくものだ。

反復と変質――「オッドタクシー」1話レビュー&感想

タクシーに様々なものが乗り合わせる「オッドタクシー」。擬人化された動物のかわいらしい外見と裏腹に、主人公同様にどこか偏屈な物語は掴みどころが難しい。テーマとまではいかないが、全体に影響するであろう1話の特徴を探ってみたい。