ま行

わたしとわたしを繋ぐ旅――「魔女の旅々」12話レビュー&感想

魔法使いの国や正直者の国など多くの国を訪れてきた「魔女の旅々」。最終回となる12話でイレイナが訪れたのは「あなたの願いを叶える国」――しかし「大金持ちになれますように」と念じながら門をくぐった彼女を待っていたのは金銀財宝ではなかった。大金持ち…

「魔女の旅々」9話と12話を繋げる考察

魔女イレイナが様々な国を渡り歩く姿を描き、TOKYO MX他で昨日ついにフィナーレを迎えた「魔女の旅々」。その最終回12話は、9話との関係性が大きくクローズアップされた興味深い展開になっていた。本ブログでは通常は1話単位のレビュー&感想を書いているが…

遡れど覆らず――「魔女の旅々」11話レビュー&感想

見知らぬものと己の因果の元をたどる「魔女の旅々」。11話冒頭、自由の町クノーツで再び魔法使いが狙われているとイレイナは知る。面倒を避けるため彼女は魔女であることを隠そうとするが、もちろんそれは魔法が使えなくなるわけではない。正体を隠すことは…

旅とは遡るもの――「魔女の旅々」10話レビュー&感想

イレイナが毎回様々な国を訪れる「魔女の旅々」だが、10話で旅をするのは彼女の師であるフラン、サヤの師であるシーラの2人だ。2人は連れ立って旅に出るにあたってそれが休暇であることを――日頃の立場から離れたものであることを強調する。2人にとっても旅は…

絶望の姉妹――「魔女の旅々」9話レビュー&感想

イレイナが世界の、そして人の心のあちこちを巡る旅を描いてきた「魔女の旅々」だが、9話では時間すら超えた旅が描かれる。時を遡る魔法――SFでも見るような話だが、その魔法が遡行させるのはけして時だけではない。私達が書物を読んで擬似的に過去へ遡行でき…

切り裂き魔は接続魔――「魔女の旅々」8話レビュー&感想

行く先々でイレイナが奇妙なものを見る「魔女の旅々」。イレイナは8話で訪れた国では「切り裂き魔」の話を耳にする。てっきり人殺しとばかり彼女は思っていたが、実は切り裂かれていたのは「女の命」であった。そう、切り裂かれるのは人の命とは限らないのだ…

七つ目のかけら――「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」9話レビュー&感想

敵の攻撃によってその身を砕かれた龍神丸を救うため、ワタル達が旅する様子を描いてきた「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」。かけらが揃い復活したものの、9話では龍神丸の魂が闇に落ちていたという驚きの事実が明かされる。体が復活しても魂が戻っていない…

百聞は一見にしかず――「魔女の旅々」7話レビュー&感想

仲が悪く壁で左右に別れた国と、共にぶどう酒を名産とする仲の悪い村の2つを舞台に前後編で描かれる「魔女の旅々」7話。仲の悪さという以外はほとんど関係ないようにも見える2つの話はしかし、やはり30分の1つの話だ。重要なのは、壁にしろぶどう酒にしろイ…

嘘つきの国――「魔女の旅々」6話レビュー&感想

「魔女の旅々」6話でイレイナが訪れるのは、国王の魔法の剣によって国民が嘘のつけなくなった「正直者の国」。しかし嘘がつけないことと正直者であることはイコールではないはずで、そこには論理の飛躍が――言ってしまえば嘘がある。正直者の国という国名はそ…

龍虎は光と影――「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」8話レビュー&感想

神部七龍神の力を借り、龍神丸と味方の魔神の合体したような新たな魔神を見せてきた「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」。8話の新たな姿のモチーフは邪虎丸……つまり虎の力を得た龍神丸というわけだが、「竜虎相搏つ」の言葉もあるように龍と虎は特別なライバ…

もてなしの魔法の原動力――「魔女の旅々」5話レビュー&感想

「魔女の旅々」5話は街中で売られる本を見たイレイナがかつて訪れた国を回想するところから始まるが、後になって分かるようにその本、「フランの冒険譚」の売られている国はほとんどフラン一色に染まっている。フランが何かしたわけではないのに、彼女の魔法…

強さが証明したもの――「魔女の旅々」4話レビュー&感想

「魔女の旅々」4話は王女と城の料理人の恋を、まるでおとぎ話のようにイレイナが語るところから始まる。身分を越えた関係を育むような恋とは魔法に等しく、つまり魔法には身分を始めとした垣根を越える力があるのだ。

笑顔の下で失われるもの――「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」7話レビュー&感想

闘技場で戦いの繰り広げられた前回と打って変わって、遊園地という平和そのもののの世界が舞台となる「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」7話。正反対なのは舞台だけではなく、ワタルに課せられる試練も同様だ。

ありふれた魔法――「魔女の旅々」3話レビュー&感想

「魔女の旅々」3話は、森を飛んでいたイレイナがその先の花畑に目を奪われる場面から始まる。狭く陰鬱な森の中を飛んでいたためにいっそう花畑の美しさに魅入られたわけだが、嫌なことや不運で気分が沈んでいた時にちょっとした優しさや美しさに救われた経験…

魔力なき魔法――「魔女の旅々」2話レビュー&感想

フランの下で魔女となって3年が過ぎ、すっかり旅慣れたイレイナが描かれる「魔女の旅々」2話。今回彼女が訪れる国は文字通り魔法の使える人間しか入れず、またその最高位である魔女は相当にチヤホヤされるはずなのだがイレイナはどこの宿からも宿泊を断られ…

制御は暴走に勝る――「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」6話レビュー&感想

第5世界での戦いの決着、そして次なる世界が描かれる「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」6話。「力こそ全て」は必ず暴走して「力だけが全て」になるというのが前回の話だったが、ならば今回の答えは当然、「暴走する力にどう対抗するか」となる。

魔女と旅人の共通項――「魔女の旅々」1話レビュー&感想

魔女イレイナが旅の中さまざまな場所を訪れる「魔女の旅々」。旅を望むきっかけとなった幼少期の描写から分かるのは、彼女が子供らしくとても純真であることだ。 魔女になれば旅に出ていいと言われて素直にその道を志し、来る日も来る日も必死に勉強を重ねる…

暴走する「力こそ全て」――「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」5話レビュー&感想

画面の外で第3・第4の世界を突破し、西洋風の世界でバトル大会が繰り広げられる「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」5話。バトル大会では強さが物を言うが、この5話ではその行き着く先が描かれる。

「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」4話レビュー〜全ての道は救世主に通ず〜

「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」4話。今回のゲスト・剣乃介はすぐ泣く。全てが泣くことに通じていて、しかし全てが通じることは悲しみだけを連れてこない。©サンライズ・R#ワタル七魂 pic.twitter.com/x8w1VrVSF5 — 闇鍋はにわ (@livewire891) July 1, 20…

「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」3話レビュー~救世主の欠片~

「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」3話。砕け散った龍神丸の魂の欠片を探すのが今のワタルの目的。しかし、砕け散っているのは龍神丸の魂だけではない。©サンライズ・R#ワタル七魂 pic.twitter.com/cvjAmTne9t — 闇鍋はにわ (@livewire891) June 19, 2020

「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」2話レビュー~勇者の原点~

「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」2話。龍神丸を蘇らせるため逆さ創界山へやってきたワタル達。しかし彼が蘇らせなければならないのは、龍神丸だけではない。©サンライズ・R#ワタル七魂 pic.twitter.com/6AjZKO9e32 — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2020年4月2…

「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」1話レビュー~今ここに戻るための物語~

「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」1話。今度の舞台は逆さ創界山。「ここではないどこか、今ではないいつかの世界」……だが、それは劇中の舞台設定だけのことだろうか?©サンライズ・R#ワタル七魂 pic.twitter.com/U3QEySEqHs — 闇鍋はにわ (@livewire891) 20…

「群れなせ!シートン学園」12話レビュー~同じフィールドに立てば~

「群れなせ!シートン学園」12話。別格の雰囲気を漂わせていたマンモスの正体は少女・氷下マン。そして彼女はジンの策略でボクシング対決に乗る――リングという同じフィールドに立つ。© 山下文吾・Cygames/アニメ「群れなせ!シートン学園」製作委員会#シー…

「群れなせ!シートン学園」11話レビュー~大同小異と千差万別~

「群れなせ!シートン学園」11話。動物達の文化祭は人間のそれと似ている(同じ)ようで違って、違っているようでやはり似ている。アンが踏み込むのは、そういう迷路だ。© 山下文吾・Cygames/アニメ「群れなせ!シートン学園」製作委員会#シートン pic.twit…

「群れなせ!シートン学園」10話レビュー~嘘と真実のバランス~

「群れなせ!シートン学園」10話。人間は平気で嘘をつくとアンは指摘し、ジンもそれを否定しない。だが、嘘をつくのは人間だけだろうか?© 山下文吾・Cygames/アニメ「群れなせ!シートン学園」製作委員会#シートン pic.twitter.com/QTzQJVByDi — 闇鍋はに…

「群れなせ!シートン学園」9話レビュー~正反対との距離~

「群れなせ!シートン学園」9話。メガネザルの鏡マナコは苺苺のファンだが、話しかけられると喜びがストレスになって死ぬ。正反対のものが隣接しているわけだが、それは苦痛が快楽の苺苺や運動好きで死ぬミユビも同じだ。© 山下文吾・Cygames/アニメ「群れ…

「群れなせ!シートン学園」8話レビュー~心と体の共存共栄~

「群れなせ!シートン学園」8話。臨海学校にワクワクするランカ達は大人しくできない。心と体が密接に関係しているように、2つのものは相互に影響しあっていて、しかし常に一致するとは限らない。#シートン — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2020年2月25日

「群れなせ!シートン学園」7話レビュー~性別のルールより前に~

「群れなせ!シートン学園」7話。メスらしくならねばと悩むイエナは、瞳を手本にしようと思い立つ。「メスらしさ」というルールにおいて、瞳は弱肉強食の「強」である。#シートン — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2020年2月18日

「群れなせ!シートン学園」6話レビュー~互いを尊重する~

「群れなせ!シートン学園」6話。前回ナマケモノのミユビがひ弱な体に逆らって奮闘する姿が他の動物の応援を呼んだように、ルールをもたらす(押し付ける)弱肉強食は腕っぷしのみではもたらされなくなっている。パンダの苺苺の登場はまた新たな形を、そして…

「群れなせ!シートン学園」5話レビュー~反逆者の秩序~

「群れなせ!シートン学園」5話。キングの退位によりルールの、秩序崩壊したシートン学園。しかし秩序は取り戻されねばならない。そのためには時に、既存のルールに逆らうことが有効になる場合もある。#シートン — 闇鍋はにわ (@livewire891) 2020年2月4日