た行

仏に入れる魂はいずこ――「ダークギャザリング」17話レビュー&感想

謎と恐怖の「ダークギャザリング」。17話では夜宵と詠子が事故物件の内見に向かう。二人が遭遇する心霊現象からは、「仏作って魂入れず」のことわざの意味が見えてくる。

心と体、首と胴体――「ダークギャザリング」16話レビュー&感想

やめられない「ダークギャザリング」。16話では詠子がとある首塚を訪れる。彼女がそこを訪れるのは、彼女自身の首と胴体が切り離されているからだ。

魂の鬼ごっこ――「ダークギャザリング」15話レビュー&感想

逃げ続ける「ダークギャザリング」。15話では悪霊との鬼ごっこが繰り広げられる。逃げるのは体だけではない。

見えないトンネル――「ダークギャザリング」14話レビュー&感想

無明の「ダークギャザリング」。14話では詠子が危機に見舞われる。トンネルを舞台とした今回は実のところ、夜宵と螢多朗がトンネルに入るまでの物語だ。

出獄する混沌――「ダークギャザリング」13話レビュー&感想

後半開始の「ダークギャザリング」。13話ではもう1体の卒業生の”出獄”が執り行われる。霊と共に出獄したのは混沌である。

蠱毒からの卒業――「ダークギャザリング」12話レビュー&感想

新世界を見る「ダークギャザリング」。12話では夜宵の「卒業生」が発動する。そして、卒業したのは彼女の部屋の悪霊だけではない。

牙をむく蠱毒――「ダークギャザリング」11話レビュー&感想

新たな始まりを迎える「ダークギャザリング」。11話では危険度Sの心霊スポットに夜宵と螢多朗が挑む。だが、彼女達に襲いかかるのは単なる強力な霊ではない。

破壊と進化――「ダークギャザリング」10話レビュー&感想

イノベーションの「ダークギャザリング」。10話では神との戦いが夜宵達を新たなステージに導く。進化とは蠱毒である。

触らぬ神に祟りなし――「ダークギャザリング」9話レビュー&感想

神をも恐れぬ「ダークギャザリング」。9話で明らかに危険な霊に遭遇した螢多朗は気付かないふりを選択する。「触らぬ神に祟りなし」というわけだがもちろんこの霊は神ではない。では、今回の本当の神様は一体誰だろう?

危険と危険――「ダークギャザリング」8話レビュー&感想

Ⓒ近藤憲一/集英社・ダークギャザリング製作委員会 八方塞がりの「ダークギャザリング」。8話では螢多朗に新たな生徒ができる。彼女にまつわる怒涛の展開に、古くて新しい本作の「蠱毒」がある。

嘘つきと正直者ーー「ダークギャザリング」7話レビュー&感想

騙し騙され「ダークギャザリング」。7話ではいよいよお化け集めがスタートする。お化けと人の知恵比べはしかし、嘘だけでできてはいない。

一人ではないということーー「ダークギャザリング」6話レビュー&感想

約束を知る「ダークギャザリング」。6話では螢多朗達の関係に様々な変化が訪れる。集合霊との戦いは、彼の社会復帰を妨害するようでむしろその補助線を引いている。

憑依と依代――「ダークギャザリング」5話レビュー&感想

避け難き「ダークギャザリング」。5話では螢多朗が大学の新歓で憑依霊絡みの事件に巻き込まれる。憑依する者とされる者の関係は、一方的とは限らない。

二つの呪い――「ダークギャザリング」4話レビュー&感想

君を思う「ダークギャザリング」。4話では螢多朗の幼なじみである詠子の人となりが明かされる。霊障に巻き込まれた彼女がかけられた呪いは、一つではない。

誤解と理解ーー「ダークギャザリング」3話レビュー&感想

旋回の「ダークギャザリング」。3話では夜宵が悪霊を集める理由が明かされる。理解が誤解に勝るとは限らない。

最良と最悪――「ダークギャザリング」2話レビュー&感想

裏返りの「ダークギャザリング」。2話ではお祓いに訪れた螢多朗が大ピンチに陥る。彼にとって夜宵はどんな存在なのだろう?

蠱毒と孤独の家庭教師――「ダークギャザリング」1話レビュー&感想

闇集う「ダークギャザリング」。1話では霊媒体質の青年が運命の出会いを果たす。そのきっかけが家庭教師なのもまた、偶然ではない。

未来は交差の先――「月とライカと吸血姫」12話レビュー&感想

新世界への扉を開く「月とライカと吸血姫」。史実をモデルにしつつ架空の吸血鬼を登場させてきた本作は頂点を迎える。最終回となる12話は、虚構が私達に未来を指し示す話だ。

死を賜る英雄たち――「月とライカと吸血姫」11話レビュー&感想

栄光と死が蝕む「月とライカと吸血姫」。11話、初めての宇宙飛行に臨むレフは、共和国の常にとして多少体調が悪くとも通信では気分良好と答えるよう指示される。初めてはしかし、かつての繰り返しだ。

遠く宇宙の君――「月とライカと吸血姫」10話レビュー&感想

明暗分かれる「月とライカと吸血姫」。10話では遂にただ一人の宇宙飛行士が選ばれる。しかし、彼が飛ぶべき宇宙は一つだけなのだろうか?

もう一つの選抜――「月とライカと吸血姫」9話レビュー&感想

選別の時が近づく「月とライカと吸血姫」。9話で宇宙飛行士候補は6人に絞られ、更に上位3人から最期の1人が選ばれんとする。だが、選ばれるのは宇宙飛行士だけではない。

春待ちの暗号――「月とライカと吸血姫」8話レビュー&感想

折り返しを迎える「月とライカと吸血姫」。8話では次なるステージへの幕間が描かれる。イリナの偉業に反して、それはあまりに静かで穏やかだ。今回はこうしたギャップに注目してみたいと思う。

真実は暗号の中――「月とライカと吸血姫」7話レビュー案感想

暗幕の中に輝く「月とライカと吸血姫」。7話でイリナは、通信傍受対策として宇宙で料理レシピを読み分けるよう指示される。今回は暗号が大きな意味を持つお話だ。

道を開くための本質――「月とライカと吸血姫」6話レビュー&感想

爆発の時を迎える「月とライカと吸血姫」。6話では爆発事故を目にしたイリナが悪夢を見るようになり、訓練に支障をきたしてしまう。彼女が、いや物語が再び歩みだすため必要だったのはなんだろう?

交わす燈――朗読劇「刀使ノ巫女 清夏奉燈」レビュー&感想

2021/11/6,7の2日間、3公演が披露された朗読劇「刀使ノ巫女 清夏奉燈」(通称"とじよみ")。今回は朗読劇ならではの語り口を起点に、タイトルにも使われた「奉燈」について考えてみたい。 *バリバリのネタバレです

君はどこに落ちたい――「月とライカと吸血姫」5話レビュー&感想

その日が近づく「月とライカと吸血姫」。5話では孤独訓練が終わるものの、イリナは矢継ぎ早に次の訓練を課せられる。今回はその降下訓練でもっとも危険とされる錐揉み状態に着目してみたい。

逆しまな正常動作――「月とライカと吸血姫」4話レビュー&感想

運命の時が定まる「月とライカと吸血姫」。4話では実験飛行の日取りの決定と、開発が遅れる宇宙船で機器が正常動作しない恐れが語られる。そして、正常動作しない危険性を抱えるのは機器だけではない。

知の功罪――「月とライカと吸血姫」3話レビュー&感想

未知の世界を目指す「月とライカと吸血姫」。3話ではイリナの高所恐怖症克服が一つの課題となる。そして、課題を抱えるのは彼女だけではない。

反転は遼遠の彼方――「月とライカと吸血姫」2話レビュー&感想

科学と不思議が交差する「月とライカと吸血姫」。2話ではイリナの訓練が始まる。選りすぐりの宇宙飛行士候補生も音を上げる厳しい訓練が彼女から浮かび上がらせるのは、いったいなんだろうか?

混同と峻別の狭間――「月とライカと吸血姫」1話レビュー&感想

歴史と不思議が香る「月とライカと吸血姫」。1話では宇宙飛行士候補生のレフと吸血鬼のイリナの出会いが描かれる。本作が色濃く持つ史実からの影響は、けして単なるモデルの役割に留まらない。